コラム

 公開日: 2012-03-30  最終更新日: 2015-05-13

腰痛。『アレルギーがある場合の調整法』

こんにちは

かない鍼灸接骨院です

今回のテーマは

『アレルギーがある場合の調整法』

心因性腰痛

どのような病気か?

MRI検査などで腰の検査をしても異常が見られないのに腰が痛むもので、原因の多くは

ストレスや疲労とされています。職場の人間関係や家庭内での不和など、さまざまな要因

が関係していて、現在この心因性の腰痛は増え続けています。また、このような原因不明

の慢性腰痛を訴える人の多くに、うつ傾向が見られるともいわれています。

家庭、病院での治療法

痛みをとり去る薬物療法のほか、精神科や心療内科での治療、カウンセリングが必要に

なるケースもあります。周囲の環境を改善したり、家族の理解も大切になってきます。

ストレスが強い人は日ごろから筋肉も緊張しているので、毎日のストレッチや運動、腰痛

体操をすることも必要です。



【アレルギーがある場合の調整法】

アレルギー体質の腰やひざの激しい痛みを和らげる!

アレルギーと痛みとの関連

 花粉症、ぜんそく、アトピー性皮膚炎・・・・

アレルギー症状にはさまざまなものがありますが、今では日本人の3人に1人が

なんらかのアレルギーに悩まされているといいます。

〈スパイラルテープ療法〉でも、ご自身やお子さんのアレルギーに悩む患者さんは

とても多く、これまでに数えきれないほどの患者さんの治療にあたってきました。



 そんな中で気づいたのが、アレルギーのある方の場合、腰痛やひざ痛の痛み

そのものが、とても強いということです。その痛みは、体に少し触れるだけで激痛

を感じるほどのものなのです。

また、アレルギーがある場合は、テーピングをしても効果が現れにくく、痛みが消え

づらいといったことにも気づきました。

 そこで〈スパイラルテープ療法〉では、アレルギーのある方には、まずはアレルギー

を調整するポイント(目、足、わき、お尻)すべてにテーピングすることをおすすめしています。

 また、テープにかぶれやすい方には、最初に目のポイントにテーピングしてから、痛みを

とるテーピングをすることをおすすめしています。



アレルギーのセルフ判定法

 〈スパイラルテープ療法〉では、アレルギーがあるかどうかを判定するのには、手首

の内側からひじ方向に、人差し指のつめをすーっと走らせます。このときつめを走ら

せたところが赤くなれば、アレルギー体質の傾向があるということです。



〈調整ポイント 目のまわり 〉

アレルギーを調整するポイントのひとつが、目のまわりです。

ここは脳神経のひとつである三叉神経のポイントです。

目や肌などのかゆみ、鼻水や鼻づまりなどに効果があります。

また、こむらがえりなどにも有効です。



〈調整ポイント 足 〉

 足のポイントは足の外側にあり、ひざの裂隙部とくるぶしの間を3等分した、

下から3分の1のところになります。くるぶしから上に指で押していくと、骨の

感覚がなくなるので、東洋医学では「絶骨穴」といいます。この部分にテープ

を貼るとアレルギーを調整し、体の痛みを和らげることができます。



〈調整ポイント わき 〉 

 わきのポイントは、わき下の線と第5助骨の交差するところになります。

このツボは東洋医学では大包穴といいます。両手で腕組みしたときに指が当たる

位置が大包穴です。

 両脇の大包穴に両手の人差指を当てて、呼吸がラクになるようでしたら、効果が

あるでしょう。

 花粉やハウスダストで呼吸がしづらいといった症状によく効きます。

 また、膿胞症という、皮膚の病気にもたいへん効果があります。

膿胞症とは手のひらと足の裏に膿胞ができ、皮膚が角質化してはがれるものです。

わきのポイントは手のはらの膿胞症によく効きます。

足の裏の膿胞症には次に紹介するお尻のポイントと合わせてテーピングをしてください。



〈調整ポイント お尻 〉

 お尻のポイントは、後上腸骨棘という部位です。場所は背骨と骨盤のつなぎ目の

あたりで、背骨よりも外側。「棘」という名前のとおり、指でさわると、少しとがっている

のが確認できます。このポイントは、仙骨と寛骨の関節部の炎症からくる腰やお尻の

痛みに有効です。

 また、わきのポイントの際にも紹介したとおり、足の膿胞症の人にこのテーピングを

すると、数日で症状がよくなることが多いです。

その際は、わきのポイントと足のポイント、両方にテーピングをしてください。



放送内容は当院のホームページにも載せてあります

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

かない鍼灸接骨院 [[[ホームページ http://www.かない.net/]]]

柔道整復師 金井克行

兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL:0798-41-3460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

県立伊丹高等学校 バスケットボール部                   藤田善史くん私は中学校時代にクラブ活動でバスケットボールをしていました。当時から...

スタッフ紹介
イメージ

1.地域との連携を大切にし、患者様の健康な暮らしに 貢献します。2.患者様やご家族の信頼を得られるよう、まごころを 込めた施術を提供します。3.知識と技術...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金井克行 かないかつゆき

交通事故、腰痛、アレルギーなどで悩む方へ、健康な体づくりを提案(1/3)

 西宮市と尼崎市にある「かない鍼灸接骨院」は、地元はもちろん兵庫県外からも来院する人がいて、そのほとんどが口コミによる紹介といいます。 「ただ痛みをとるだけではなく、痛みを生まない体づくりを目指し、いつでも必要としていただける鍼灸接骨院...

金井克行プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

22年間延べ36万人の臨床経験をデータ化した速効的な治療法

所属 : かない鍼灸接骨院
住所 : 兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL : 0798-41-3460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

痛みが改善

僕は、少年時代からサッカーをしているためにいろいろなケガ...

荒木
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
手の冷え症

寒い季節になると、真っ先に冷えのターゲットにされるのが手だと思います。ただでさえむき出しの手に冷たい風...

[ 冷え性 ]

原因不明の肌荒れ・湿疹

○原因不明の肌荒れ・湿疹は意外な所から?肌荒れ・湿疹をいくら対策しても治らない、そんな原因不明の肌荒れ・...

[ 美容・健康 ]

レチノールについて

レチノールに秘められた3つの美容効果をご紹介します!レチノールで一番注目されているのがやはりこの効果。...

[ 美容・健康 ]

首はたるみやシワができやすいのは、なぜ? 

なぜ首はしわやたるみができやすいのか?首は皮膚の厚さが頬の3分の2しかなく、筋肉と皮膚の境が平坦で結合が弱...

[ 首・肩の痛み。肩こり・首こり ]

ダイエット
イメージ

今まで何度も挫折したり、リバウンドでダイエット前より太ってしまったと言う方も、このプログラムは成効率が...

[ ダイエット ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ