コラム

 公開日: 2018-05-27  最終更新日: 2018-06-08

お墓・墓石は誰のためのものなのでしょうか?

人の供養も「合理化」の時代 

「お寺さんを呼んでの葬儀やその後の法事などはお金が掛かり、
残された者に負担を掛けるので葬儀も法事もいらない」


「子どもたちは狭いマンション住まいなのでお仏壇を置く場所がない」


「お墓はお参りや掃除が大変なので、お骨は海に撒いてくれればいい」


こんな言葉があちらこちらから聞こえてくる現代社会ですが、
本当に残された者のことを考えての言葉なのでしょうか?

逆に考えると、葬儀も、法事も、お仏壇も、お墓も、
残された者のためでもあるのではないでしょうか。

先日、私と同じ62才で亡くなられた西城秀樹さんの葬儀・告別式には、
多くの関係者と全国から1万人以上のファンが駆けつけられました。


これは、亡き西城秀樹さんのためだけの葬儀でしょうか?


彼と長きに渡り交流のあった友人や関係者の方々や、
多くの全国のファンのための葬儀でもあるのではないでしょうか。

何年かごとの法事を行うことで、普段合わない親戚が顔を合わせ、
故人の思い出話に花を咲かせることが出来るのです。

年末には除夜の鐘、年始には初詣、七五三参り、合格祈願など、
日本人には、神仏に手を合わせ、報告やお願い事をする習慣があります。


お仏壇やお墓には、もっと身近な大切な人の魂が宿っています。


そこに手を合わすことも「負担」でしかないのでしょうか?


神戸新聞・記事

何でもかんでもが「合理化」の三文字で片づけられがちな時代に、
感銘を受ける記事が、2018年5月21日の神戸新聞に掲載されていました。


以下、原文のまま、ご紹介させていただきます。


随想「墓の意味」/宮下規久朗さま筆

今月末に娘の5回目の命日を迎える。


神戸市東灘区の高台の墓地に建てた娘の墓に週に一度通っている。


阪急の駅から歩くと半時間ほどかかるが、
1時間ほどそこでぼんやりと過ごすのだ。


一時期、墓や墓制に関する本を漁(あさ)っては読んだ。


日本で公共墓地に墓が建てられるようになったのは近世以降で、
家単位で作られるようになったのは20世紀になってからにすぎないという。

墓地はかつてのように死穢(しえ)として忌避される場ではなく、
「見える他界」にして供養の空間である。

墓に詣でるのは、線香や花を供えて死者を供養するためだけではなく、
死者を思い出して、親しく交流することにある。


墓石はもっとも抽象化された死者の象徴であるといってよい。


近年では角柱型の石塔ではなく、
故人の特質を表した独自のデザイン墓が増えている。

娘の墓石も私がデザインしたものであり、
娘の手紙からとった「ありがとう」という文字を刻み、
魂の象徴である白い蝶と赤い薔薇を象嵌してある。


墓は墓地に集合することで公共化される。


他の墓とともに並ぶことで、
故人が皆と同じ冥界にいることを感じることができるのだ。

私も墓地では、娘がその一員となった死者の世界を想像し、
隣り合う他の墓の主にもなんとなく親しみを感じることができる。


頻繁に墓参りに来る人たちとは顔なじみになってしまった。


娘の友達であろう誰かが、
ときどき花やビールを供えてくれるのもありがたい。


墓地は、故人を思い描き、死者を公共化する空間である。


それは死者のためというより、
残された者が喪失の痛みの中で生きていくための装置であるといえよう。

墓地で過ごす時間は、
今の私の生活で最も大事なひとときとなっているのだ。

「宮下 規久朗(みやした きくろう) 神戸大学院人文学研究科教授」

※2018年5月21日(月)/神戸新聞(夕刊)より引用


「お墓は要るのか?それとも要らないのか?」についてはコチラまで!
└ http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/63763/


一般消費者にとって極めて分かりにくいあらゆるお墓の疑問を、
(一社)日本石材産業協会認定、「お墓ディレクター1級」資格者、
㈱第一石材・代表、能島孝志がズバリ解決いたします。(相談無料)


お墓の悩みをズバリ解決!

私ども、第一石材では、しつこい売り込みや、自宅への訪問営業、
電話での後追いなどは一切いたしておりませんのでご安心ください。

お墓・墓石の無料相談について詳しくはコチラまで!


第一石材がお墓の悩みをすべて解決!

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

商品企画 能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社第一石材 能島孝志さん

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

第一石材さんを選んだ決め手は、免震施工と豊富な知識です。

郷里から神戸にお墓を移転するにあたり、 墓地の選定、石材の...

渡部 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
神戸市立鵯越墓園内の合葬墓と同じ費用!駅近の「楠寺・瑠璃光苑」の永代供養付き合葬墓。
イメージ

 神戸市営の「鵯越合葬墓」が2018年7月から受付開始だが… 子どもがいない。子どもはいるが娘だけ。...

[ 合祀散骨・合葬墓 ]

墓石に彫刻する、花柄などの模様選びも重要なデザイン要素の一つ。
イメージ

デザイン墓石の美しさは、全体のシルエットだけに限らず、墓石に彫刻する模様選びも重要な要素の一つです。...

[ お墓・墓石の彫刻模様 ]

シンプルでおしゃれな究極のデザイン墓石「casa memoria カーサメモリア」
イメージ

お墓の形と言えば、皆さまが墓地や霊園でよく目にするのは、四角い石を3段~4段積み上げた「和型墓石」が一般的...

[ デザイン墓石 ]

お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!/良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

納骨室に水が入らない特許構造の墓石/本当に良いお墓を提供するためには?(10・最終話)
イメージ

このシリーズコラムでは、本当に良いお墓を提供するために、私ども第一石材がどのようにさせて頂いているかを書...

[ お墓を建てる ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ