コラム

 公開日: 2018-05-22  最終更新日: 2018-05-27

中村獅童さんが朗読!第1回『母の日参り』手紙コンクール 金賞受賞作品/母の日は「お墓参りの日」

ご存じですか? 「母の日」のはじまり 

毎年、5月の第2日曜日は「母の日」です。


母親への日頃の感謝を表す日として親しまれていますが、
この記念日、実は20世紀の初めにアメリカで生まれたものなのです。

当時フィラデルフィアに住む、母親想いの女性、
アンナ・ジャービスという人がきっかけでした。


Anna-Jarvis

彼女の母親は南北戦争中に傷ついた南北両軍の兵士たちを、
救援・看護し続けた献身の人であり、1905年5月に他界しました。

アンナは敬愛してやまない亡き母を偲ぶ日々の中で、
世の母親に感謝を表す記念日づくりを思いたちます。

彼女の想いに共鳴した周囲の助力もあり、
アンナの母が長年教鞭をとっていた、
ウェストバージニア州グラフトンの教会で、
1908年5月10日に「母の日」を祝う会が催され、
アンナは母が好きだった白いカーネーションの花を祭壇に捧げました。


この時が公的な最初の「母の日」といわれます。


亡き母を偲ぶ心から始まった「母の日」の輪は米国全土に広がり、
ついには1914年、ウィルソン政権下の連邦議会で、
5月の第2日曜日を「母の日」と定める法律が可決され、
翌1915年の施行によって初めて国家規模で認められ、
「母親のための記念日」誕生となりました。

同年、日本でも青山学院大学のアレクサンダー教授によって、
初めて「母の日」を祝う行事が紹介されたと伝えられますが、
一般には戦後の1947年、米国に倣って5月の第2日曜日を、
「母の日」と制定されたと言われ、
それ以来、全国的な行事として知られるようになりました。


『母の日参り』に広がる共感の輪 

亡き母を偲ぶ想いから生まれた「母の日」…。


デザイナー・奥下和彦さんの手による『母の日参り』のロゴマーク
▲デザイナー・奥下和彦さんの手による『母の日参り』のロゴマーク


そんな記念日の由来に心を合わせるかのように、
最近、ゴールデンウィークから母の日にかけての好季節に、
亡くなられたお母さんの墓前を訪ねる、
『母の日参り』の習慣が広がりを見せています。

この慈しみの芽を大切に育てていこうと今、
業界の垣根を越えた有志企業・団体がパートナーシップを深めあい、
それぞれが応援活動に取り組んでいます。

当社、㈱第一石材が加盟する「(一社)日本石材産業協会」、
私、能島孝志が加盟する「PLAY for (ONE)」も、
いずれも、パートナーシップ参加企業・団体です。


第1回『母の日参り』手紙コンクール 受賞作品

『母の日参り』手紙コンクールは、『母の日参り』パートナーシップが、
2018年度よりスタートした共同文化事業です。


.第1回『母の日参り』手紙コンクール 受賞作品

“亡き母への手紙”をテーマに、400字程度の書簡形式で表現された、
未発表・オリジナルのノンフィクション作品を、
2018年2月5日(月)~3月31日(土)の期間中、広く一般より募集いたしました。

短い公募期間にもかかわらず、1,857篇もの、
心のこもった作品が寄せられるという、大きな反響があったようです。

選考委員長の中村獅童さんをはじめ、
マーケティングライターとしてご活躍の牛窪恵さん、
パートナーシップ代表二者からなる選考委員会には、
決して、優劣をつける審査ではなく、
“特に心惹かれた、印象に強く残った作品”という
、各委員の“心のモノサシ”を基準としたご選考をいただき、
このたび、「金」「銀」「銅」の全受賞作品8篇が決定いたしました。

各賞に輝かれた全作品につきましては後ほどご紹介させていただくとして、
先ずは、見事「金賞」受賞の余白さん(男性・89歳・静岡県)の作品、
「白い目薬」を中村獅童さんの感動の朗読でお聞きください。




受賞全8作品はコチラまで!
└ https://hahanohi-mairi.jp/award.html


※「母の日参り」パートナーシップサイトより引用



一般消費者にとって極めて分かりにくいあらゆるお墓の疑問を、
(一社)日本石材産業協会認定、「お墓ディレクター1級」資格者、
㈱第一石材・代表、能島孝志がズバリ解決いたします。(相談無料)


お墓の悩みをズバリ解決!

私ども、第一石材では、しつこい売り込みや、自宅への訪問営業、
電話での後追いなどは一切いたしておりませんのでご安心ください。

お墓・墓石の無料相談について詳しくはコチラまで!


第一石材がお墓の悩みをすべて解決!

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

商品企画 能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社第一石材 能島孝志さん

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「自分の想いが通らんかったら頼めへん!」、と思っていたけど、心よりありがとうです。

平成25年3月吉日、晴天の中で今日、開眼供養を終えることがで...

田口
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
神戸市立鵯越墓園内の合葬墓と同じ費用!駅近の「楠寺・瑠璃光苑」の永代供養付き合葬墓。
イメージ

 神戸市営の「鵯越合葬墓」が2018年7月から受付開始だが… 子どもがいない。子どもはいるが娘だけ。...

[ 合祀散骨・合葬墓 ]

墓石に彫刻する、花柄などの模様選びも重要なデザイン要素の一つ。
イメージ

デザイン墓石の美しさは、全体のシルエットだけに限らず、墓石に彫刻する模様選びも重要な要素の一つです。...

[ お墓・墓石の彫刻模様 ]

シンプルでおしゃれな究極のデザイン墓石「casa memoria カーサメモリア」
イメージ

お墓の形と言えば、皆さまが墓地や霊園でよく目にするのは、四角い石を3段~4段積み上げた「和型墓石」が一般的...

[ デザイン墓石 ]

お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!/良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

納骨室に水が入らない特許構造の墓石/本当に良いお墓を提供するためには?(10・最終話)
イメージ

このシリーズコラムでは、本当に良いお墓を提供するために、私ども第一石材がどのようにさせて頂いているかを書...

[ お墓を建てる ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ