コラム

 公開日: 2018-03-17  最終更新日: 2018-03-26

お墓は「最高のパワースポット!」/ご先祖様のことを今一度考えてみませんか?

今年も春のお彼岸の時期がやってまいりました。


お彼岸と言えば、やはりお墓参り。


お墓参りに行くと、気持ちがスッキリするのは何故でしょう?


それは、ご先祖様の供養のためにお墓参りに来てくれたあなたと、
ご先祖様のあなたへの想いやパワーが通じたからだと思います。


…なんて思うのは私だけでしょうか?


古来より先祖供養を大切にしてきた日本人

古来より先祖供養を大切にしてきた民族である日本人ですが…


「お墓参りは面倒くさい」


「お墓掃除が大変」


「墓地の管理費等で子どもに負担を掛けたくない」


…などなど、一部のマスコミの偏った報道の影響もあり、お墓どころか、
供養の全てが不要なもののように思われているふしがあります。


「葬式はお金が掛かるから荼毘に付すだけ」


「お寺さんを呼ぶとお金が掛かる」


「仏壇を置く場所より子供部屋の方が重要」


もちろん、今の生活や生きている者のことが大事なのは分かります。
欲しいモノ、子どもの教育、老後にお金が掛かるのも分かります。


しかし、人は誰も木の股から生まれてきたのではありません。


両親が居て、その先には父方の祖父母、母方の祖父母、
…と、さかのぼっていけば、とんでもない数のご先祖様。

もし仮に、この中の誰か一人でも欠けていれば、
あなたはこの世に生まれてこなかったのです。


ご先祖様のことを今一度考えてみませんか? 

私どもの会社、㈱第一石材を含め、石材関連業種、約1300社が加盟する、
日本最大の業界団体である、(一社)日本石材産業協会の兵庫県支部では、
2014年(平成26年)9月23日(火・祝)に神戸市中央区の神戸国際会館にて、
故小畠宏允氏先生をお招きして『先祖の話』解説講演会を開催いたしました。

残念ながら、小畠宏允先生は、平成30年1月9日にお亡くなりになられましたが、
現在社会に見失われた「生と死の尊厳」を回復したいという想いで、
兵庫県出身の民俗学者、柳田國男氏の不朽の名著『先祖の話』を、
読みやすく『新訂 先祖の話』(石文社)としてリニューアルされました。


『新訂 先祖の話』

『先祖の話』は1946年(昭和21年)に初版が発行され、
亡くなった家族の霊が子孫を見守る「祖霊」になることなど、
日本人の死生観を多くの民間伝承をもとに描き出しています。

その内容をについて、小畠宏允先生に分かりやすく解説していただくことで、
日本人が忘れかけている、日本固有の伝統的な祖霊信仰やお墓や命のことを、
今一度きちんと考えていただくことを目的とした講演会です。


『先祖の話』解説講演会in神戸

この解説講演会の内容を、その後16のシリーズブログにて掲載いたしました。


お彼岸を機に、以下、再度リンク掲載させていただきますので、
長文となりますが、ご先祖様のことを今一度考えてみませんか?


お墓は要る!要らない?(再リンク掲載) 

(1)近年における葬送の変化
(2)「生と死の尊厳」の回復
(3)『先祖の話』解説講演会開催
(4)『先祖の話』①人は死んでも生きている?
(5)『先祖の話』②お墓ってなんだろう?
(6)『先祖の話』③肉体と魂の行き場所
(7)『先祖の話』④ご先祖様を招く方法?
(8)『先祖の話』⑤霊は融合合体できる?
(9)『先祖の話』⑥天皇家の氏神様がどこの家にもあるのはなぜ
(10)『先祖の話』⑦お正月とお盆
(11)『先祖の話』⑧氏神様もボディガードを雇う?
(12)『先祖の話』⑨「ご先祖様」とは誰?
(13)『先祖の話』⑩ご先祖様は何でも聞いてくれる!
(14)『先祖の話』⑪ご先祖様の特性=役割・働き
(15)『先祖の話』⑫お墓で一番大切な部分はどこ?
(16・最終話)『先祖の話』⑬お墓はたたるのか?


いかがでしたか?

本当は、小畠宏允先生の生の講演ならよりベストなのですが、
少しは、自分とご先祖様とのつながりを感じていただけましたか?


ご先祖様をマンガで見える化

また、私たちの業界仲間でもある、茨城県の中野良一さんは、
ご先祖様の大切さを分かりやすいマンガにして発行されました。


「20年後の君につたえたいこと~ご先祖さまからの贈り物」

「20年後の君につたえたいこと~ご先祖さまからの贈り物」

安易に「墓じまい」をして、ご遺骨を散骨にしてしまったら、
二度と家族の手元にご遺骨は戻ってこないのですよ!

お墓は、自分だけの、家族だけの、
「最高のパワースポット」なのですよ!



一般消費者にとって極めて分かりにくいあらゆるお墓の疑問を、
(一社)日本石材産業協会認定、「お墓ディレクター1級」資格者、
㈱第一石材・代表、能島孝志がズバリ解決いたします。(相談無料)


お墓の悩みをズバリ解決!

「墓じまい」でお悩みの方、おられませんか?


私ども、第一石材では、しつこい売り込みや、自宅への訪問営業、
電話での後追いなどは一切いたしておりませんのでご安心ください。

お墓・墓石の無料相談について詳しくはコチラまで!


第一石材がお墓の悩みをすべて解決!

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

商品企画 能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社第一石材 能島孝志さん

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

予想以上の出来上がりに親族一同感謝しております。

お墓に関する知識が乏しく、 お墓を造ることが実際にできるか...

K・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お墓は継ぐもの?参るもの?
イメージ

少子高齢化や、都市部への人口流出による核家族化の影響からか、「墓じまい」という言葉を近年よく耳にするよう...

[ つぶやき ]

国産の高級墓石材「大島石」でつくったお墓でも、納骨室に水が入ります!?
イメージ

お墓に使用する石のことを気にされる方は多いですが、構造について知っておられる方はほとんどいらっしゃいませ...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!/良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

納骨室に水が入らない特許構造の墓石/本当に良いお墓を提供するためには?(10・最終話)
イメージ

このシリーズコラムでは、本当に良いお墓を提供するために、私ども第一石材がどのようにさせて頂いているかを書...

[ お墓を建てる ]

「大島石墓石」の価格・ランク・品質を徹底解明!(1)大島石とはどんな石?
大島石が使われている赤坂迎賓館

 1.大島石とはどんな石?  石の貴婦人「大島石」  関西で、「国産のお墓と言えば大島石」と言われるくらい...

[ 日本の銘石 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ