コラム

 公開日: 2018-03-09 

20年後の君につたえたいこと~ご先祖さまからの贈り物

今年も春のお彼岸の時期が近づいてまいりました。


亡き人を手厚く祀り供養するという行為は人間だけのものです。


人間以外の動物も、家族や仲間の死を悲しみますが、
それは一時的なことであり、供養まですることはありません。


特に、日本人は古来より供養の心を大切にしてきた民族です。


人が亡くなると、初七日法要から始まり、四十九日、百か日、
そして、お盆、お彼岸、一周忌、三回忌、七回忌、…と追善供養を行い、
亡き人を「ご先祖様」として崇め、大切にお祀りしてきたのです。


もちろん、お墓参りもごく日常的に行われる光景でした。


しかし、すべてが合理化の現代社会においては、
ご先祖様への関心が薄れてきているように思えます。


葬儀も行わなず火葬場へ直行。


仏壇は置き場所がない。


お墓は子供に負担が掛かる。


いくら、少子高齢化、核家族化の現代社会とは言え、
これでは、他の動物とあまり変わらないんじゃないでしょうか。


中野良一さん

こんな社会に憂いを感じ、今一度、ご先祖様の大切さを再認識しようと、
私たち、(一社)日本石材産業協会・顧客満足推進委員会の仲間でもある、
茨城県桜川市の羽黒石材工業㈱で、営業部長を務めておられる中野良一さんが、  
この度、「ご先祖様の大切さ」を伝えるマンガを作られました。

今、この場に自分が居るのは両親がいてくれたからこそであり、
そして、両親が居るのは、祖父母がいてくれたからこそなのです。


命のバトン

中野さんは、これを「命のバトン」と表現しておられます。


自分自身、そして、自分の家族が、今この世に存在するのは、
ご先祖様から「命のバトン」を受け継いできたからこそなのです。

日々、何気なく過ごしている私たちの時間は、
ご先祖様の存在があるからこそ成り立っているんです。

それを忘れないでください。
忘れないであげて欲しいのです。

では、中野さん原作の、「命のルーツ」ご先祖様の大切さが伝わる、
心温まるwebマンガを以下よりリンクでご覧ください。


「20年後の君につたえたいこと~ご先祖さまからの贈り物」
「20年後の君につたえたいこと~ご先祖さまからの贈り物」


いかがでしたか?


忙しくて最近あまり行けてなかったお墓参りに行ってみませんか?


「子どもたちに負担になるから」と考えていたお墓。
意外と子供たちは負担に思っていなかったりするもんですよ。


今一度、お墓の前で、ご先祖様とゆっくり語り合ってみてはいかがですか。


「ご先祖様からの贈り物」(中野良一さん手記)

お墓の前でお祈りをするとホッとするのはなぜでしょうか?


お石塔を雑巾で拭いて、お花を替えて、お線香を焚いてお祈りをする。


お線香のただよう煙は、私たちのお祈りの気持ち、
感謝の心を載せてご先祖様まで届けてくれるそうです。
ご先祖様は、そんな子孫を温かく見守ってくれています。

このマンガを考えていて思ったのは、
「ご先祖様が私たちに何を教えてくれようとしているのか?」ということでした。


ご先祖様と私たちの絆

亡くなった人たちが教えてくれるもの、
ご先祖様も今の私たちのように家族があって、日々を生活していました。


今のように豊かで医療技術の発達した世の中ではありません。


病気や戦争で多くの命が消えていきました。


そのような時代も脈々と受け継がれ、今の私たちの命があります。


「魂なんて存在しない!」
「ご先祖様が見守っているわけではない!」
とおっしゃる方もいらっしゃると思います。


でも、ご飯を食べ、寝て、遊び、楽しみ、
時には怒ったり、泣いたり、苦しんだり。


生きている一瞬一瞬がご先祖様からの賜りものなのは確かなことです。


ご先祖様から受け継がれてきた私たちの命はかけがえのないものです。


生ある幸せを感じることで、今を大切にして、自分や家族、
そして生きている人々に振り向けることができます。

いのちの教育こそが、
ご先祖様が私たちに与えてくれている贈り物のような気がしてなりません。


だから、お墓の前でお祈りをするとホッとするのだと思います。


「ありがとうございます。」
と自然に感謝の気持ちがこみあげてくるのです。


小冊子「20年後の君につたえたいこと~ご先祖さまからの贈り物」を無料進呈!


このwebマンガ「20年後の君につたえたいこと~ご先祖さまからの贈り物」を、
普段あまりwebを利用しない方用に「小冊子」にて無料提供させていただきます。


20年後の君につたえたいこと~ご先祖さまからの贈り物

子どもさん、お孫さんに読ませたい。


墓じまいを考えている親に読ませたい。


などなど、マイベストプロ神戸をご覧の方に無料でプレゼントいたします。
数に限りがございますので、ご希望の方は今すぐお申し込みください。

■お申込み方法

お申込みは第一石材までFAXまたはEメールにてお申込みください。
FAX・メールには、"「お墓物語」希望/マイベストプロ神戸"とご記入の上、
※お名前・ご住所・電話番号も必ずご記入ください。

・FAX:078・515・2737(24時間受付)
・メールでのお申込みはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/inquiry/site/



一般消費者にとって極めて分かりにくいあらゆるお墓の疑問を、
(一社)日本石材産業協会認定、「お墓ディレクター1級」資格者、
㈱第一石材・代表、能島孝志がズバリ解決いたします。(相談無料)


お墓の悩みをズバリ解決!

「墓じまい」でお悩みの方、おられませんか?


私ども、第一石材では、しつこい売り込みや、自宅への訪問営業、
電話での後追いなどは一切いたしておりませんのでご安心ください。

お墓・墓石の無料相談について詳しくはコチラまで!


第一石材がお墓の悩みをすべて解決!

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

商品企画 能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社第一石材 能島孝志さん

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「自分の想いが通らんかったら頼めへん!」、と思っていたけど、心よりありがとうです。

平成25年3月吉日、晴天の中で今日、開眼供養を終えることがで...

田口
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
墓石に彫刻する、花柄などの模様選びも重要なデザイン要素の一つ。
イメージ

デザイン墓石の美しさは、全体のシルエットだけに限らず、墓石に彫刻する模様選びも重要な要素の一つです。...

[ お墓・墓石の彫刻模様 ]

シンプルでおしゃれな究極のデザイン墓石「casa memoria カーサメモリア」
イメージ

お墓の形と言えば、皆さまが墓地や霊園でよく目にするのは、四角い石を3段~4段積み上げた「和型墓石」が一般的...

[ デザイン墓石 ]

お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!/良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

納骨室に水が入らない特許構造の墓石/本当に良いお墓を提供するためには?(10・最終話)
イメージ

このシリーズコラムでは、本当に良いお墓を提供するために、私ども第一石材がどのようにさせて頂いているかを書...

[ お墓を建てる ]

「大島石墓石」の価格・ランク・品質を徹底解明!(1)大島石とはどんな石?
大島石が使われている赤坂迎賓館

 1.大島石とはどんな石?  石の貴婦人「大島石」  関西で、「国産のお墓と言えば大島石」と言われるくらい...

[ 日本の銘石 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ