コラム

2016-08-30

関西初! 納骨室に水が入らないお墓 (5)お墓も「水入らず」?

以下のコラムからの続きです。
最初からご覧になってください。

(1)実は墓石の中は水浸し!?
(2)「こんなもの?」それで良いのか?
(3)富山の宮崎様とのご縁
(4)従来の墓石より格段に優れた強度


富士山万歳様のお墓

新たなご提案に関しては、さすがにご家族の反対も無く、
早速、墓石の製作に取り掛からせて頂くこととなりました。

墓所での基礎工事や中国の加工工場での製品検品もスムーズに進み、
お約束の納期までに、お墓を完成させて頂くことができました。

そして、出来上がったお墓をあらためて見て感じたことは、
自分自身が思っていた以上の、別次元の完成度になっていた事です。

もちろん「お墓に水が入るのは絶対イヤ!」と言われたお客様も、
実際に完成したお墓をご覧になられて大満足して下さいました。

ここで、このコラムを読んで下さっている皆さまに、
このお客様自身が書かれた建墓記録のブログをご紹介いたします。


富士山万歳様のブログ

富士山万歳様のブログです。
(参照:http://ameblo.jp/omoidenofujitozan/entry-11892749781.html


富士山万歳様×大北石材店様

なぜか、富士山万歳様のブログ左下のブックマーク欄に、
同じ兵庫県内の大北石材店様のリンクが貼り付けられていますが、
決して大北さんと競合になったわけではありません。


大北石材店様のブログを熱心にご覧になられていたようです。


大北石材店様のブログは多くの業界関係者もご覧になられており、
前々回のコラムでご紹介させて頂いた富山県の宮崎様のブログや、
栃木県足利市の寺院、高庵寺のご住職のブログなど、
業界のご意見番的な方のサイトにもリンクが貼り付けられています。


これはやはり、大北さんのお人柄でしょうね!


大北さんと当社は、同じ兵庫県と言えども商圏が全く異なり、
かつてから今日まで一度も競合したことはありません。

現在では、業界団体内での事業活動を共にする間柄なので、
できれば競合はしたくないというのが正直な気持ちです(笑)。

しかし、消費者にとっては一生に一回の大きな買い物だけに、
色々な石材店から話を聞いてみたいという気持ちも分かります。

お墓は一家に一つしか必要のないものですから、
今日は焼肉、明日はお寿司みたいなわけにはいきません。


失礼!余談になってしまいました。


多くの方はお墓に水が入ることを知りません

これを機会に、この新構造のお墓を多くのお客様にお薦めしたい、
お墓の大きな悩みを解決できるのではと考えるようになりました。

ただ、現実問題として、この様な「水の入らない構造のお墓」を、
望んでおられる方が、いったいどのくらいいらっしゃるのか…?


この時点では、正直に申し上げて全く分かりませんでした。


いくらこれまでにない優れた構造のお墓を開発したといっても、
お客様からの支持を得られなければ、ただの自己満足に過ぎません。

そこで、それから以降はお客様と商談の機会があるごとに、
この新たな構造のお墓の説明をしてまいりましたところ、
多くのお客様から「ぜひそうしたい!」という回答が得られたのです。


お墓もやはり「水入らず」?

世間では、よく「水入らず」という言葉が使われます。


お墓も「水入らず」が良い

「家族水入らず」「親子水入らず」「夫婦水入らず」と言うように、
“水”は余計なもの、邪魔者という意味で使われる言葉です。

しかし、人が生きていく上において水は必要不可欠なものです。
また、お墓参りの際にも水は必ず必要なものであることは確かです。

ただ、お墓の中のご先祖様が眠る場所であるカロート(納骨室)内に、
水が入ることは「○○水入らず」と同じく歓迎されないのです。

「お墓に水が入っても抜ければ良い」という考え方もあるようですが、
抜ける、抜けないよりも、水が入ること自体に問題があるようです。

「天井から雨漏りはするが、床から自然と抜けるので大丈夫」
というような家に住みたいと思われる人がどの位いるでしょうか?

関西方面の「土に還す」という納骨方法は理解できるとしても、
やはり、お墓の中に水が入るのは嫌という人が圧倒的多数でした。

その後に、この仕様にてお墓を建てて頂いたお客様に感想を聞くと、
「お墓の中のお骨がしっかりと守られているというだけでなく、
結果的には、より頑丈な構造のお墓を選んで良かった!」
…という、満足に満ちあふれた声もたくさん頂戴いたしました。

私たちのような、お墓を扱う業者側のこれまでの考え方としては、
関西では「お墓に多少の水が入るのは仕方のないこと」として、
長きに渡り「こんなもの」という慣習で今日まで来ましたが、
消費者の考えは「こんなもの」では納得してもらえないようです。

もし、私どもも富士山万歳様との出会いがなかったら、
きっと今も、従来構造の墓石を販売し続けていると思います。


             ~つづく~


◼防水構造を備えたお墓「信頼棺™」についてのお問い合わせはコチラまで
 http://www.daiichisekizai.com/

第一石材がお墓の悩みをすべて解決!

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓ディレクター1級」が、お墓づくりの疑問をすべて解決!

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

予想以上の出来上がりに親族一同感謝しております。

お墓に関する知識が乏しく、 お墓を造ることが実際にできるか...

K・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西初!納骨室に水が入らないお墓(11・最終話)不安払拭の3つの約束
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

関西初!納骨室に水が入らないお墓(10)気になる価格は?
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である
イメージ

まず、お墓は一般消費者からすると極めて分かりにくい商品であります。その一番の理由はこれまでに購入経験...

[ 石材店の選び方 ]

2011年度「墓石大賞」にて“大賞”に選ばれました。実録!「お客様の声」
イメージ

 和らぎと斬新さの融合 ~デザイン墓石に秘められた家族の絆~ご家族のご希望は、斬新の中に和らぎを感じ...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ