コラム

 公開日: 2016-08-24  最終更新日: 2016-08-26

関西初! 納骨室に水が入らないお墓 (2)「こんなもの?」それで良いのか?

以下のコラムからの続きです。
最初からご覧になってください。

(1)実は墓石の中は水浸し!?


お墓の中、それも大切なお骨を納めるところに水が溜まることは、
これまでも同業者の間で時々話題にのぼることがありました。

特に水はけの悪い墓地では、納骨室の中に溜まった水が抜けず、
大切なお骨が水の中でプカプカと浮いていることもあります。


地域ごとに異なるお墓のカロート(納骨室)の構造

日本全国には様々なお墓の形があり、その形や構造は、
地域ごとに異なることは、前回のコラムでもご説明しましたが、
お骨をお墓に納める方法に関しても地域ごとに違うのです。


いろいろな構造のお墓のカロート(納骨室)

骨壺の大きさ、納骨方法、カロート(納骨室)の場所など、
同じ日本国内のお墓とは思えないくらい地域ごとに異なるのです。


地上と地下のお墓のカロート(納骨室)

例えば、墓地の地上部に設けた納骨室に骨壺のまま納める場合などは、
外部からの水の浸入をある程度防ぐことが出来るでしょう。


関西方面のお墓のカロート

ところが、私ども第一石材が店舗を構える兵庫県神戸市はもとより、
大阪、京都など関西地方の墓石カロート(納骨室)は墓石の下にあり、
墓地の地面と繋がっているという構造のお墓が一般的なのです。

これは「大地の自然から生まれ大地の自然に還る」という考えのもと、
墓石下部のカロート内と大地の土とが繋がった所にお骨を納めるのです。


お骨を晒の布で作った袋に入れて納骨する

関西方面での納骨方法の多くは、骨壺の状態で納骨するのではなく、
サラシの布でこしらえた骨袋にお骨を移し替えて納めるのが一般的です。

宗旨・宗派やご家族の意向により、骨壺のまま納めることもありますが、
その場合でも、カロート内の土の上に骨壺を置いて納骨をします。

地域によって、若干の構造の違いはあるかと思いますが、
全国的に見ても、このタイプのカロートの墓石が一般的かと思います。

そして、雨が降ったり、お墓参りの際に水を掛けたりするたびに、
どうしてもカロート内に水が入ってしまう構造になっているのです。


「こんなもの?」それで良いのでしょうか?

お墓をおつくりさせて頂く石材店の立場としては、
水が入ることを決して良いことだとは思っておりません。

しかし、何十年も前から「お墓の構造はこんなもの?」という、
悪しき固定概念から、特に防水対策を施すこともありませんでした。


お施主様自身も、自分のお墓に水が入るなんて思ってもいないでしょう。


お墓にお骨を納めた後には、カロートの入り口を目地止めします。
しかし、目地は永久ではありませんし、その他の箇所からも水は入ります。

実際は、お墓の中に水が入っても、カロートの底の土の部分から、
地面に抜けていきますので、中に溜まることはあまりありません。

しかし、仮に水が溜まらないとしても、ご先祖様が眠る場所に、
上からポタポタと水が入ってくることには変わりありません。


雨漏りのする家に住んでいるのと同じです。


ましてや、近年頻繁に起こるゲリラ豪雨ともなれば、
ポタポタどころの水の量では済まないかも分かりません。

最終的には、お墓に入った水は抜けるかも分かりませんが、
一時はカロート内に水が溜まった状態になっていることも考えられます。

カロート内に水が溜まると、骨壺にて納骨をしていても、
骨壺がひっくり返り、中のお骨が外に散乱してしまいます。


実際、このような状態を、私自身、目にしたこともあります。


「お骨が自然に還るにはある程度の水は必要」という考えもありますが、
今となっては、やはりお墓に水が入ることを良いとは思えません。


このコラムを読んでくださっている皆様も一度想像してみてください。


あなたの大切なご家族やご先祖様のお骨が水浸しになっているのを…
             

               ~つづく~


◼防水構造を備えたお墓「信頼棺™」についてのお問い合わせはコチラまで
 http://www.daiichisekizai.com/

第一石材がお墓の悩みをすべて解決!

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

予想以上の出来上がりに親族一同感謝しております。

お墓に関する知識が乏しく、 お墓を造ることが実際にできるか...

K・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本当に良いお墓を提供するためには?(2)正真正銘の国産墓石
イメージ

(1)安心できる中国産墓石 ~上記のコラムからの続きです~ 消費者が知らない「国産墓石」の真実  ...

[ お墓を建てる ]

納骨室に水が入らないお墓「信頼棺™」のWebページが完成いたしました。
イメージ

「お墓の中に水が入る」なんて誰も思っていないでしょう?ところが、実は、富山県の一部で建てられているよ...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

テレビ朝日、「マツコ&有吉の怒り新党」の番組内監修としてご紹介頂きました。
イメージ

2016年(平成28年)10月19日(水)にテレビ朝日系で放送された、「マツコ&有吉の怒り新党」にて、“お墓参り...

[ メディア情報 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ