コラム

 公開日: 2016-06-15 

お墓の霊標(墓誌)!その役割、必要性とは?

よくお墓の横に、亡くなった方のお名前などを記した石の板、いわゆる「霊標(墓誌)」が設置してあります。お墓を建てられる方の中には、特に必要ないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はこの霊標(墓誌)の役割と必要性についてご説明したいと思います。

霊標(墓誌)は家の歴史を伝えていくものでもある

霊標(墓誌)とは、故人の名前や戒名等を刻むための石碑で、宗旨・宗派や地域によって「霊標」「墓誌」「法名碑」「戒名板」など呼び方が異なりますが、“故人の名を刻む”という目的では同じです。




霊標(墓誌)は、お墓に入っている方の名前や戒名、亡くなられた年月日、行年(享年)ほか、続柄や略歴などを記録するためのものとして建てられています。

お墓は永代に渡り供養するためのものでもありますから、そこに埋葬されている方の記録が彫刻された霊標(墓誌)があれば、後世に先祖とのつながり、家の歴史を伝えることにもなります。逆を言えば、自身をはじめとして子どもや孫の世代に、家系のつながりを一目で伝える石碑ともなります。いわば、家族の代々の記憶を刻む「記録帳」といった役割を持っているのです。

お墓はあるけれど、石塔(棹石)にはすでに戒名が彫られていて、新たに戒名を刻むスペースがない。
新たにお墓を建てるにあたり、子々孫々、大勢の人にお墓に入って欲しいので、それぞれの戒名を刻む霊標(墓誌)を設けておきたい。
お寺さんに預けている過去帳だけではなく、お墓参りした際に、家族の記録をすぐに見ることができるよう霊標(墓誌)が欲しい。




上記のような理由から、霊標(墓誌)を建てる方もいらっしゃいます。
霊標(墓誌)は、カタチやサイズに決まりがあるわけではないので、和洋を問わず、お墓のデザインに合わせて設置することができます。

霊標(墓誌)を建てるメリット

墓所・墓地によっては、石塔(棹石)自体に戒名を彫刻する場合があります。この場合ですと、霊標(墓誌)がなくても埋葬者の戒名やお名前を刻むことが可能ですが、一般的に仏式の場合、新仏様の戒名を石塔に追加で彫刻する際、それ以前にお寺から「お性根抜き(魂抜き)」していただいてから工事にかかります。




その点、霊標の場合は基本的にお墓ではないので、お性根抜き(魂抜き)は不要であることが多いです。手間がかからない上に、たくさんの戒名が彫刻でき、費用も抑えられるため、近年では霊標(墓誌)を建てる方が増えています。

大きさによっては多くのお名前を刻むことができる

実は霊標(墓誌)は、20~30年前まではあまりなかったものです。しかしそれが近年になって一般的になったのには、どんな理由があるのでしょうか?

一つは、先述したように石塔(棹石)に刻む時の費用や手間が省けるということがあると思いますが、個人的には何よりも、自身から後世へ伝える家族の歴史、また先祖代々受け継がれてきたその家の歴史が、霊標(墓誌)から垣間見えるからではないかと思います。

このように霊標(墓誌)は必ず必要という訳ではありませんが、お墓を建てる意義と同様、霊標(墓誌)には、ご家族の後世へ残したい想いも詰まっていると言えるでしょう。

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

予想以上の出来上がりに親族一同感謝しております。

お墓に関する知識が乏しく、 お墓を造ることが実際にできるか...

K・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
平成29年度(2017年)神戸市営墓地・募集開始4月20日(木)~5月12日(金)
イメージ

 神戸市立「鵯越墓園」「舞子墓園」「西神墓園」申し込み受付開始 神戸市では、平成29年4月20日(木)~5月12...

[ 墓地・霊園 ]

本当に良いお墓を提供するためには?(10・最終話)納骨室に水が入らない特許構造の墓石
イメージ

このシリーズコラムでは、本当に良いお墓を提供するために、私ども第一石材がどのようにさせて頂いているかを書...

[ お墓を建てる ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

納骨室に水が入らないお墓「信頼棺™」のWebページが完成いたしました。
イメージ

「お墓の中に水が入る」なんて誰も思っていないでしょう?ところが、実は、富山県の一部で建てられているよ...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

「大島石墓石」の価格・ランク・品質を徹底解明!(1)大島石とはどんな石?
大島石が使われている赤坂迎賓館

 1.大島石とはどんな石?  石の貴婦人「大島石」  関西で、「国産のお墓と言えば大島石」と言われるくらい...

[ 日本の銘石 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ