コラム

 公開日: 2015-06-07  最終更新日: 2015-07-05

お墓は要る!要らない?(12)『先祖の話』解説講演会⑨「ご先祖様」とは誰?

(1)近年における葬送の変化
(2)「生と死の尊厳」の回復
(3)『先祖の話』解説講演会開催
(4)『先祖の話』解説講演会①人は死んでも生きている?
(5)『先祖の話』解説講演会②お墓ってなんだろう?
(6)『先祖の話』解説講演会③肉体と魂の行き場所
(7)『先祖の話』解説講演会④ご先祖様を招く方法?
(8)『先祖の話』解説講演会⑤霊は融合合体できる?
(9)『先祖の話』解説講演会⑥天皇家の氏神様がどこの家にもあ
(10)『先祖の話』解説講演会⑦お正月とお盆
(11)『先祖の話』解説講演会⑧氏神様もボディガードを雇う?

〜上記のコラムからの続きです〜


以下は、2014年9月23日(火・祝)に神戸国際会館で行われました、
小畠宏允氏による、『先祖の話』解説講演会の内容を解説したものです。


柳田國男氏の『先祖の話』への想い


柳田國男氏が、この本、『先祖の話』を書いたのは昭和20年3月頃です。


昭和20年(1945年)3月というと、東京大空襲(3月10日)あった頃です。


その戦火のさなか、おそらく防空壕の中などで一気に書き上げたのでしょう。


第二次世界大戦も、この頃になると、見識ある人たちは、
たぶん日本が敗戦するであろうことを薄々知っていました。

柳田國男氏も例外ではなく、日本が戦争に負けることを悟り、
残された日本人のために、この本を書き上げたとも考えられます。

もしも、日本が戦争に負け、アメリカの属国になった時に、
「日本人である」という“絶対的な証明(アイデンティティー)”があれば、
それを糧に、日本は将来必ず再興できるのではないかと考えたのです。

柳田國男著『先祖の話』初版

それは、柳田國男氏が長年に渡り民俗学を研究してきた中で、
「日本人はご先祖様を氏神として崇め、ずっと大切にしてきた民族である」
ということを1冊の本にまとめておけば、万一アメリカの属国にとなった時にも、
この本を読んで「自分は日本人である」という誇り高き“絶対的証明”となり、
一致団結して国の再興が出来ると柳田國男氏は密かに考えていたのかも知れません。


そのために、この時期にこの『先祖の話』を書いたのです。


「ご先祖様」は二つの解釈がある


「ご先祖様」という言葉について、昭和20年4月頃には二つの解釈ができています。

一つ目は、「ご先祖様」とは、その家の家系図の筆頭にあげられる人、
つまり、「先つ祖(さきつおや)」であるという学問的な考え方です。

家系図

これは、全く新しい考え方で、昔の無学文盲の人たちはこんな解釈はしませんでした。


もちろん、柳田國男氏もこの解釈はしていません。


この新しい「ご先祖様」の解釈は、尋常小学校などで文字を覚えた人たちが、
文字づらでご先祖様の意味を解説したに過ぎないと柳田國男氏は説いています。

もう一つの考え方の「ご先祖様」とは、父や母、お爺ちゃんやお婆ちゃん達が、
日頃から使っている、「ご先祖様へ…」「ご先祖様は…」という言葉を、
意味こそさえ分からないが、小さい子どもの頃から耳でこの言葉を聞き、
使っている人の気持ちをくみ取って「ご先祖様」を理解してきたのです。

「ご先祖様」とはどういう意味かなんて、教える人はいませんし、
もちろん、どの子供たちもこれについて聞くことなどしなかったのです。

この子供たちが大きくなり、文字を覚え読み書きが出来るようになっても、
「ご先祖様」とは、家系図の筆頭である、というような考え方はしませんでした。

「ご先祖様」とは…

「ご先祖様」とは祀るべきものであって、自分たちの家で祀らなければ、
他では祀るべきものではなく、それぞれの家に必ず伴うものと思っていることで、
「ご先祖が誰か!」を明白に言い切った人は、ほどんどいませんでしたが、
その心持ちは、いつでも「ご先祖様」という言葉を使うときに現れているのです。

つまり、「うちのご先祖様は○○△△でね!」なんて、
「ご先祖様」が誰かを特定するようなことは決して言わなかったのです。


おそれ多くも「ご先祖様」を知っている人は、絶対そんなことは言いません。


「ご先祖様のお蔭で助かりました」

「ご先祖様のお蔭で幸せです」


なんて時に、その「ご先祖様」が誰なのかなど、
言うべきことではなく、聞くべきことでもないのです。


「ご先祖様」は理屈ではないのです。


ご先祖様をお祀りする人の気持ちをくみ取ったものが「ご先祖様」なのです。


         ~つづく~


■『墓石大賞』受賞・5度の実績!
 1級お墓ディレクター・能島孝志がご提案する
 震度7に対応した“こだわりのお墓づくり”はコチラまで
 http://www.daiichisekizai.com/

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

富山の宮崎さんに紹介いただいたのが本当にラッキーでした!

本当にすばらしい墓石を建立いただきまして 誠にありがとうご...

阪本
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(35

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本当に良いお墓を提供するためには?(2)正真正銘の国産墓石
イメージ

(1)安心できる中国産墓石 ~上記のコラムからの続きです~ 消費者が知らない「国産墓石」の真実  ...

[ お墓を建てる ]

納骨室に水が入らないお墓「信頼棺™」のWebページが完成いたしました。
イメージ

「お墓の中に水が入る」なんて誰も思っていないでしょう?ところが、実は、富山県の一部で建てられているよ...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

テレビ朝日、「マツコ&有吉の怒り新党」の番組内監修としてご紹介頂きました。
イメージ

2016年(平成28年)10月19日(水)にテレビ朝日系で放送された、「マツコ&有吉の怒り新党」にて、“お墓参り...

[ メディア情報 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ