コラム

 公開日: 2009-11-03 

神話の中の「他界」⑥


~前のコラムからの続きです~

天上他界の「高天原(たかまがはら)」は神々の国で、
民族として死者の霊が「氏神様(神霊)」と考えられるようになっても、
ほとんど山上他界までしか昇らず、
天皇(皇族)以外は高天原までのぼる、という概念はなかったようです。

古代の葬儀をえがいた天若日子(あめのわかひこ)の神話を『日本書記』は
「尸(かばね)を天(あめ・高天原)に到(いた)さしむ。
便(すなわ)ち喪屋を造りて殯(もがり)す」として、
天を死者の他界としますが、これは例外で、
『古事記』では天ではなく下界の「中津国」です。

こうした背景には、高天原から天降(あまくだ)るのは
天皇系(日本民族の祖であり最初の統治者)とされた
「天孫降臨(てんそんこうりん)」思想と関係があるようです。

また、「神話」を読むときもっとも注意を要するのは天皇の問題です。

多くの学者が指摘しているように、
日本神話は天皇(と藤原氏)の正当性を
主張することを目的に編集された、ということです。

この点に注意して読むと、日本民族のさまざまな隠れた姿が浮かび上がってきます。

                     ~つづく~  

※日本人のお墓(小畠宏允著・日本石材産業協会発行)より

神戸の墓地・墓石のことなら第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/






この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
永井
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!/良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

納骨室に水が入らない特許構造の墓石/本当に良いお墓を提供するためには?(10・最終話)
イメージ

このシリーズコラムでは、本当に良いお墓を提供するために、私ども第一石材がどのようにさせて頂いているかを書...

[ お墓を建てる ]

特許出願墓石“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®」のWebページが完成いたしました。
イメージ

「お墓の中に水が入る」なんて誰も思っていないでしょう?ところが、実は、富山県の一部で建てられているよ...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

「大島石墓石」の価格・ランク・品質を徹底解明!(1)大島石とはどんな石?
大島石が使われている赤坂迎賓館

 1.大島石とはどんな石?  石の貴婦人「大島石」  関西で、「国産のお墓と言えば大島石」と言われるくらい...

[ 日本の銘石 ]

「墓じまい」を考える前に読んでほしい物語(17)「墓石は語る」伊東静雄さん(81歳)
イメージ

 お墓にまつわるエピソード集「お墓物語」  一見、同じように見えるお墓だが、実はそれぞれのお墓には、そ...

[ お墓物語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ