コラム

2014-01-10

「大島石墓石」の価格・ランク・品質を徹底解明!(7)日本と中国では磨きが違う!

(1)大島石とはどんな石?
(2)大島石にはランク・等級があるのか?
(3)大島石特級でお墓をつくれば安心なのか?
(4)大島石墓石は本当に国産?
(5)日本と中国でつくる大島石墓石の素材の違い
(6)日本と中国では加工・製作方法が違う!


上記のコラムからのつづきです


(7)日本と中国では磨きが違う!


中国加工の大島石墓石でも問題ないと石材店に言われたが?


久しぶりのコラムの更新です。

日々の忙しさにかまけて、昨年8月のお盆依頼、約5か月ぶりです。

これまでのコラムでは、大島石とはどんな石なのか、また、その等級やランク、
そして、日本国内に流通している大島石墓石の大半が中国でつくられている事実をお伝えしてきました。

別に、中国で大島石の墓石をつくることが悪い事ではありません。

日本で加工・製作される大島石の墓石と同等の品質のものが安価で買え、
中国でつくられている事実を消費者に伝え、納得されての購入ならば問題はないでしょう。

ただ、私がこれまで見てきた中国加工の大島石墓石に関しての印象は、
日本国内でつくられるものと比較すると断じて同じであると言えません。


別に私が特別目利きができるわけでもなんでもありません。


ふだんお墓をじっくり見ることのない一般消費者の方々ならば分からないかもしれませんが、
石材店を営んでおられる方々なら、ほどんどの方がその違いは分かるはずです。


その最たるものが磨きの違いです。


「このお墓ピカピカだけど何か塗っているの?」


弊社の墓石ショールームにお越しになられるお客様からよく尋ねられる言葉です。


一般消費者からすると、ピカピカに磨き上げた墓石を見ると、
ワックスか何かを塗っているように思われるのも当然です。


手動研磨による墓石の研磨
▲熟練石職人による手動研磨

しかし、このピカピカに光った墓石の艶は、ワックスや薬品によっての艶ではなく、
石職人が手間暇かけて丁寧に磨き上げた石本来の艶なのです。
(実際にはワックスや薬品を塗って艶をだしている墓石も存在しますが…)


自動研磨による墓石の研磨
▲コンピュータ制御による自動研磨

研磨作業には、平面を磨くのに適したコンピュータ制御による自動研磨と、
スリンや花立や香炉、アール加工などの複雑な加工を行う手動研磨があります。

この研磨作業には、粗磨きから最終の本磨きの順で、
ダイヤモンド砥粒を用いた砥石で丁寧に磨き上げていくのですが、
この磨きの段階で製品の良し悪しが決まってしまうほどの重要な工程なのです。


ダイヤモンド砥石
▲石材研磨用のダイヤモンド砥石

日本国内の工場では、8~9工程の研磨工程を経て、
最後にバフという工程で仕上げるというのが一般的です。

中国の石材加工工場では、ここ数年の急激な経済成長による行員の減少により、
熟練工員の減少ならびに、3K職種のため新たな行員のなり手がいないというのが実情です。


そんな中、日本ではデフレ不況が長く続いたため、より安いものを求める傾向にあります。


墓石も同様です。


そうすると、中国加工の大島石を取り扱う石材商社としても、
少しでも安価で、中国の石材加工工場に加工を依頼することになるのです。

熟練工員の不足だけにとどまらず、全体的な工員不足に加え、
日本からの発注は短納期、行員はすべて出来高払い。


中国の石材加工工場での手動研磨風景
▲中国の石材加工工場での研磨風景
(写真と本文の内容とは一切関係ありません)

このような条件下で、中国の石材加工工場では、5工程程度の研磨で仕上げているのが一般的です。
(もちろん、加工単価を上げればきちんと磨いてもらえますが日本の磨きとは差があります)

また、磨きの光沢不足を隠すため、石の表面に薬品を塗って艶を出す等の行為を行い、
一時的な光沢で仕上げた墓石を製作している工場も中国には数多く存在します。

新しく建てたばかりのお墓はどれもピカピカに光っているため、
一般消費者の方々には磨きの良し悪しは分からないでしょう。


しかし、お墓は屋外にあるため、自然環境の影響を大きく受けます。


完全国内加工の墓石
▲完全国内加工の庵治石細目墓石

しっかり丁寧に磨き上げた墓石は、長い年月を経ても艶持ちが良く、
石の奥深くからにじみ出てくるような深い光沢が長きに渡って続きます。


磨きが悪ければ、早ければ数年で艶がなくなり、墓石の表面が艶消しのようになります。


整髪料で固めたオヤジのテカテカ頭の髪の毛は、洗うと艶はなくなりますが、
天使の輪ができた少女の髪の毛はシャンプーをしてもピカピカのままです。


お墓も同じで、表面だけの艶はいとも簡単に落ちてしまいます。


それでも、あなたは中国で加工・製作された大島石墓石を買いますか?




           ~つづく~




『墓石大賞』受賞・5度の実績!
1級お墓ディレクター・能島孝志がご提案する
震度7に対応した“こだわりのお墓づくり”はコチラまで
http://www.daiichisekizai.com/

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓ディレクター1級」が、お墓づくりの疑問をすべて解決!

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

第一石材さんを選んだ決め手は、免震施工と豊富な知識です。

郷里から神戸にお墓を移転するにあたり、 墓地の選定、石材の...

渡部 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西初!納骨室に水が入らないお墓(11・最終話)不安払拭の3つの約束
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

関西初!納骨室に水が入らないお墓(10)気になる価格は?
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である
イメージ

まず、お墓は一般消費者からすると極めて分かりにくい商品であります。その一番の理由はこれまでに購入経験...

[ 石材店の選び方 ]

2011年度「墓石大賞」にて“大賞”に選ばれました。実録!「お客様の声」
イメージ

 和らぎと斬新さの融合 ~デザイン墓石に秘められた家族の絆~ご家族のご希望は、斬新の中に和らぎを感じ...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ