コラム

 公開日: 2013-01-18  最終更新日: 2014-08-01

どうなる?2013年お墓の値段と品質!④どんなお墓が値上がりするのか?

■どうなる?2013年お墓の値段と品質!①さけられない中国産墓石の値上げ。
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/33597/
■どうなる?2013年お墓の値段と品質!②過酷な労働条件が生み出した「ごまかし加工」。
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/33718/
■どうなる?2013年お墓の値段と品質!③中国も「金のたまご」時代は終わり!
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/33746/

上記のコラムからのつづきです


墓石業界だけの独自の単価?


円安による為替レートと中国石材加工工場の行員の人件費高騰、
出稼ぎ労働者を含め、石材加工に従事する行員の不足など、
さまざまな要因で今後の中国産墓石の値上げが予想されます。

では、どんな種類の石種でも、どんなカタチの墓石でも、
一律に値上げが行われるかといえば、おそらく違うでしょう?

では、具体的にどのような値上げになってくるのかというと、
単価の高い石種より単価の安い石種の方が値上がり幅が大きくなるでしょう。

また、加工が簡単な従来からの伝統的和型3段墓石より、
「銀杏面加工」や「額縁加工」など加工に手間を要する豪華な形の和墓や
これまでは中国の安い人件費に支えられつくられてきた近年人気が高い
「デザイン墓石」などの値段の方が特別加工賃が加算されより高くなるでしょう。


これには『丸才単価』という私たち石材業界独自の単価に理由があるのです。


さまざまなモノにはそれぞれの単価というものがあります。

お肉屋さんで売っている豚肉には100g単位の値段が必ず表示してあります。

たとえば、100gあたり150円の豚肉を買うとするならば、
それを塊で買っても、薄くスライスしてもらっても値段は同じです。


これらは当然ですよね!


では、その単価の豚肉を同じ値段でトンカツや焼豚に調理をしてもらえるでしょうか?

さすがに、「トンカツ」や「焼豚」という商品になれば、
単に豚肉の単価だけで販売することはできないでしょう。

もし、こんなことが可能ならば、外食産業は存在しないでしょう。


でも、実はこれをしてきたのが墓石業界なのです。

石の量の計算方法
▲石の量の計算方法(株式会社インデックス発行「日本の銘石」より引用)


簡単な加工の墓石も複雑な加工の墓石も値段は同じ?


先ほどの豚肉ならば単価は「100g」となっていますが、
墓石業界には「才(さい)」という独自の取引単価があります。

「1才」とは一辺が1尺(約30.3cm)の立方体、
つまり一辺が約30センチのサイコロ状態のものです。

この「才」という単位でお墓に使用する石の量を計算するのです。

100g単価の豚肉と「トンカツ」「焼豚」とが値段が違うように、
「1才」あたりの石材の単価と墓石に加工した製品とは値段が違うはずです。

しかし、私たち墓石業界では世間一般の流通と異なり、
1才あたりの石材単価で基本的にはどんな加工もOKだったのです!

つまり、単純な加工の「和型3段型墓石」でも複雑な加工を要する
「デザイン墓石」でも石の量が同じなら値段は同じということになるのです。

それならばと、日本の石材店はお客様からの要望でもないのに、
墓石や外柵の各部材に「銀杏面加工」や「亀腹加工」など、
通常より何倍もの時間がかかる複雑な加工のデザインの墓石を
石材商社を通じて中国の石材加工工場に発注してきたのです。

もう、こうなると豚肉を買って「トンカツ」「焼豚」どころか、
同じ値段で「トンカツ定食」や「豚しゃぶ」を作れと言ってるようなものです。

これは、ひと昔前の人件費の安い頃の中国であったからこそ、
日本の石材商社側とこのような約束が取り交わされたのでしょう。


値段の安い石ほど値上がり幅は大きくなる!


しかし、近年の中国は急速な経済発展による人件費の高騰により、
さすがに以前のように時間のかかる複雑な加工の墓石でも、
簡単なカタチの墓石でも同じ値段というわけにはいかなくなりました。

それで、ここ1、2年前から複雑な加工を要する場合には、
別途、特別加工賃を要求してくるようになりました。

それでも、日本の石材加工工場の加工賃とは比較にならないくらい安く、
少々の加工なら『丸才単価』の範ちゅうで加工を引き受けてくれます。

それが、才単価の高い石なら少々の複雑な加工があったとしても、
何とか人件費の捻出が可能だが、才単価の安い石ならばそれは不可能です。


それ故に、単価の安い石種ほど値上げ幅を大きくせざるを得ないのです。


中国からの情報によりますと、インド産原石と中国・福建省産原石の
値上げ幅は特に大きく、一部の原石では50%を超える値上げも予想されています。



           ~つづく~



『墓石大賞』受賞・4度の実績!
1級お墓ディレクター・能島孝志がご提案する
震度7に対応した“こだわりのお墓づくり”はコチラまで
http://www.daiichisekizai.com/



一般社団法人 日本石材産業協会加盟の
㈱第一石材は主要官公庁、企業様、労働組合様等、
計25団体様との提携をさせていただいております。

■指定店・特約店 主要契約先(五十音順・敬称略)
・カトリック大阪大司教区
・川崎重工労働組合
・神戸個人タクシー事業協同組合
・神戸市職員共済組合
・神戸税関労働組合
・神戸赤十字病院
・住友ゴム労働組合
・全労災・兵庫県本部
・株式会社TASAKI(田崎真珠)
・電友会・兵庫支部
・兵庫県勤労福祉協会(ファミリーパック)
・兵庫県警友会
・兵庫県職員互助会
・兵庫県弁護士協同組合
・フジッコ株式会社
・富士通テン労働組合
・三菱重工労働組合・神戸造船支部
・三菱電機労働組合
・三ツ星ベルト労働組合
・株式会社八木研(現代仏壇)
・株式会社ユーハイム
・JA共済連兵庫
・JFEスチール労働組合
・SDカード優遇店
・TOA株式会社



「オリジナルデザインのお墓」について詳しくはコチラまで
http://www.daiichisekizai.com/design/cat_cat152/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/



【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・関東地方
・東海地方
・近畿地方
・中国・四国地方

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

第一石材さんを選んだ決め手は、免震施工と豊富な知識です。

郷里から神戸にお墓を移転するにあたり、 墓地の選定、石材の...

渡部 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本当に良いお墓を提供するためには?(2)正真正銘の国産墓石
イメージ

(1)安心できる中国産墓石 ~上記のコラムからの続きです~ 消費者が知らない「国産墓石」の真実  ...

[ お墓を建てる ]

納骨室に水が入らないお墓「信頼棺™」のWebページが完成いたしました。
イメージ

「お墓の中に水が入る」なんて誰も思っていないでしょう?ところが、実は、富山県の一部で建てられているよ...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

テレビ朝日、「マツコ&有吉の怒り新党」の番組内監修としてご紹介頂きました。
イメージ

2016年(平成28年)10月19日(水)にテレビ朝日系で放送された、「マツコ&有吉の怒り新党」にて、“お墓参り...

[ メディア情報 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ