コラム

 公開日: 2012-08-19  最終更新日: 2014-08-01

お墓と宗旨・宗派①宗派について

お墓と宗旨・宗派①宗派について

お墓を建立したら、納骨をする際に墓石に魂を入れる
「開眼法要(かいげんほうよう)」というお式を行います。

仏教では、お墓は建てただけでは、
ただの「モノ」に過ぎないとされています。

それが、開眼法要を修めることによって、
仏様の魂が墓石に入り、ただの「モノ」から仏塔になるのです。

開眼法要は地方によっても呼び名が異なり、
「開眼供養」「入魂式」「魂入れ」「お性根入れ」
などと、呼ばれることもあるようです。

既にご遺骨がある場合には、関係者の都合のいい日を選び、
「納骨法要」と合わせて行なうことが多いようです。

この、「開眼法要」の際に読経をお願いするのが、お寺の僧侶です。

通常は、その家の宗旨・宗派の菩提寺に依頼するのが一般的です。


宗旨・宗派については、浄土宗や天台宗など、
日本には多くの仏教宗派がありますが、
これを、ひと口に「十三宗五十六派」と言っています。

つまり、十三の宗派とその分流の五十六の流派があるということです。


先ずは、奈良時代から続いている宗派に華厳宗(けごんしゅう)、
法相宗(ほっそうしゅう)、律宗(りっしゅう)があります。

華厳宗は東大寺を大本山として50ヵ寺ほど、
法相宗は薬師寺や興福寺を大本山に20ヵ寺ほど、
律宗は唐招提寺を大本山として26ヵ寺あります。


平安時代に開かれた宗派としては天台宗と真言宗があります。

天台宗は最澄によって開かれ、比叡山・延暦寺が総本山。

真言宗は空海が開き、高野山・金剛峯寺を大本山としますが、
時代が下がると、多くの流派に分かれ、真言十六派と呼ばれています。

このほか、平安時代には融通念仏宗(ゆうずうねんぶつしゅう)という、
浄土系の宗派が良忍という僧侶によって開かれました。


鎌倉時代になると、新たな宗派の創設ラッシュとなり、
この時代に仏教は民衆の間に普及し、多くの要望を聞き届けるために
さまざまな宗旨が設立されたのであります。

まず、浄土系では法然上人の浄土宗、
親鸞聖人の浄土真宗、そして、一遍上人の時宗が開かれました。

また、鎌倉時代のはじめに栄西が中国から臨済宗を伝え、
これが、日本への禅宗の初伝になりました。

さらに、栄西の弟子、道元が中国に留学して曹洞宗を伝えました。

臨済宗は京都の南禅寺派や鎌倉の建長寺派など14の流派に分かれています。

また、曹洞宗は福井の永平寺を大本山としましたが、
後に鶴見(横浜市)の総持寺が同格の大本山となりました。

また、日蓮上人は『法華経』を絶対の教えとして、日蓮宗を開きました。


江戸時代には、黄檗宗(おうばくしゅう)が開かれ、
京都の宇治万福寺が大本山になっています。


これらを合して十三派、さらにそれぞれの宗派が
多くの流派に枝分かれして、五十六派と呼ばれています。

戦前、宗教団体法以前に公認された仏教宗派は13宗56派ありました。

しかし、現在では、13派のもとにさらに多くの流派があり、
160ほどの仏教宗派が存在しているといわれています。


また、戦後になって独立し、単立寺院として存立しているところも少なくありません。

たとえば、奈良の法隆寺はもともと法相宗だったが、
聖徳太子と関わりが深いことから、聖徳宗と改めています。

さらに、聖徳太子建立の寺院として知られる大阪の四天王寺は和宗を名乗っています。

浅草の浅草寺は天台宗だったが、本尊の聖観音にちなんで、聖観音宗に改めました。



次のコラムからは、それぞれの各宗派について詳しく書かせていただきます。



          
                ~つづく~




※引用文献:日本石材工業新聞 第1889号




『墓石大賞』受賞・4度の実績!
1級お墓ディレクター・能島孝志がご提案する
震度7に対応した“こだわりのお墓づくり”はコチラまで
http://www.daiichisekizai.com/



㈱第一石材は主要官公庁、企業様、労働組合様等、
計25団体様との提携をさせていただいております。

■指定店・特約店 主要契約先(五十音順・敬称略)
・カトリック大阪大司教区
・川崎重工労働組合
・神戸個人タクシー事業協同組合
・神戸市職員共済組合
・神戸税関労働組合
・神戸赤十字病院
・住友ゴム労働組合
・全労災・兵庫県本部
・株式会社TASAKI(田崎真珠)
・電友会・兵庫支部
・兵庫県勤労福祉協会(ファミリーパック)
・兵庫県警友会
・兵庫県職員互助会
・兵庫県弁護士協同組合
・フジッコ株式会社
・富士通テン労働組合
・三菱重工労働組合・神戸造船支部
・三菱電機労働組合
・三ツ星ベルト労働組合
・株式会社八木研(現代仏壇)
・株式会社ユーハイム
・JA共済連兵庫
・JFEスチール労働組合
・SDカード優遇店
・TOA株式会社



「オリジナルデザインのお墓」について詳しくはコチラまでhttp://www.daiichisekizai.com/design/cat_cat152/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/



【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・関東地方
・中部地方
・北陸地方
・近畿地方
・中国・四国地方
・九州地方(沖縄、離島を除く)

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓はどこの石材店で建てても同じ」なんて思っていませんか?

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

信頼できる会社、信頼出来る社長です。

私は2月に実父をなくし何処の石材店にお願いしようかと迷って...

松村
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本当に良いお墓を提供するためには?(2)正真正銘の国産墓石
イメージ

(1)安心できる中国産墓石 ~上記のコラムからの続きです~ 消費者が知らない「国産墓石」の真実  ...

[ お墓を建てる ]

納骨室に水が入らないお墓「信頼棺™」のWebページが完成いたしました。
イメージ

「お墓の中に水が入る」なんて誰も思っていないでしょう?ところが、実は、富山県の一部で建てられているよ...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(10・最終話)お墓の情報収集に役立つおすすめサイト!
イメージ

(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である(2)情報収集の手段は?(3)お墓のポータルサイトと...

[ 石材店の選び方 ]

テレビ朝日、「マツコ&有吉の怒り新党」の番組内監修としてご紹介頂きました。
イメージ

2016年(平成28年)10月19日(水)にテレビ朝日系で放送された、「マツコ&有吉の怒り新党」にて、“お墓参り...

[ メディア情報 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ