コラム

2012-05-22

どんな営業マンからお墓を買うべきか?④職人経験者の方が良いのか?

どんな営業マンからお墓を買うべきか?④職人経験者の方が良いのか?

■お墓は「どこで買うか!」よりも「誰から買うか!」が重要!
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27234/
■どんな営業マンからお墓を買うべきか?①石を良く知っている!
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27270/
■どんな営業マンからお墓を買うべきか?②すべてに「こだわり」を持っている!
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27282/
■どんな営業マンからお墓を買うべきか?③設計が出来る営業マン!
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27310/


※上記のコラムからのつづきです

職人経験者の方が良いのか?


お墓の設計をある程度こなせる営業マンとなると、
やはり職人経験者の方が良いということになるのでしょうか?


でも、家や建築物の設計技師が必ずしも元大工さんとは限りませんし…


ちなみに、お墓に携わる職人さんの場合、大きくは二通りあります。


一つは、石を加工して墓石を製作する石工職人さん。


もう一つが、加工された墓石を墓地に設置していく職人さん。


これらの職人の仕事の経験を経て営業マンになる人もかなりいます。


古くからの老舗で家族中心で営業展開をされている
地域密着型の石材店にはこのケースがよくみられます。


石を加工して墓石を製作してきた職人さんたちは、
石を自分の目と肌で感じてきた経験上、石を熟知しています。


「この石は加工に苦労を要するが極めて硬い!」


「あの石はツヤを出すのが難しい!」


…などなど、それぞれの石の特性を良く理解しています。


この経験は営業をするときの大きな武器になる事でしょう!


ただ、自分自身が長きに渡り手に触れて来た石のことはわかるが、
近年の様に日本で使用されている墓石の約8割が、
中国の石材加工工場で加工・製造されたものとなると、
石工職人さんでも扱ったことも無い石種もたくさんあるでしょうが?


一方、墓地にて基礎工事から墓石の設置を行う職人さんたちは、
お墓の構造等に関しての知識に優れているといえるでしょう。


「この構造なら納骨室に水が入りにくい」


「この工法で施工すれば耐震効果がある」


…などなど、目に見えない部分の構造についても判っています。


これなら、結果は一目瞭然!


「墓石の加工も墓地での施工も経験のある職人経験者の営業マンがベスト!」


…と、なるはずなんですが、必ずしもそうならないのが世の中なのです?


何故かといいますと……


墓石の加工に携わってきた職人経験がある営業マンは、
どんな形の墓石なら加工にどの位の時間を要するか?

どのような加工が石工職人にとって手間がかかるか?

など、お墓づくりの苦労と大変さを解かっているため、
おのずから職人の立場を考えた上でのお墓のづくりとなり、
造りやすい簡単な墓石の形を最優先に考えてしまう人も中にはいます。


ここが腕の見せ所と技術力をアピールしている石材店ももちろんありますが…


また、墓地での施工工事の職人を経験してきた営業マンの中には、
墓地での作業が出来るだけ行いやすい構造に限定して設計をする人もいます。

こうなってきますと、お客様の要望はさておき、
プロの目線がら見た美観性や機能性・安全性よりも、
時間・コスト・利益のみに重点をおいたお墓になってしまいかねません。


これらの職人経験のある営業マンに共通して言えることは、
「目線をどこに対して置いているか!」ということです。


職人経験者であるからこそできる提案や設計を、
常に「お客様目線!」で考えてあげることができるなら、
「職人経験者の営業マンがベスト!」となるでしょう。

逆に、消費者目の要望に添った「お客様目線!」での提案・設計ができず、
いかに自分たちが速く楽に仕事が出来ることものみしか考えられないのなら、
むしろ、職人経験などない方が消費者にとってはどれだけ良いことでしょう。


そう考えると、最終的には人間性の問題になってくるのでしょうが、
「職人経験のある営業マン」の是非は“諸刃の剣”ともいえるかもしれませんね!


ただ、職人経験はなくとも石の特性や加工・施工についての理論的な知識は、
お墓を扱う営業マンとしては最低限は知っておく必要があるでしょう。



             ~つづく~



「オリジナルデザインのお墓」について詳しくはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/design/cat_cat152/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/



【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・関東地方
・中部地方
・近畿地方
・中国・四国地方

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓ディレクター1級」が、お墓づくりの疑問をすべて解決!

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

第一石材様にめぐり会えたことに感謝いたしております。

この度は、墓碑建立にあたり、 お世話になり有難うございまし...

橋本
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西初!納骨室に水が入らないお墓(11・最終話)不安払拭の3つの約束
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

関西初!納骨室に水が入らないお墓(10)気になる価格は?
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である
イメージ

まず、お墓は一般消費者からすると極めて分かりにくい商品であります。その一番の理由はこれまでに購入経験...

[ 石材店の選び方 ]

2011年度「墓石大賞」にて“大賞”に選ばれました。実録!「お客様の声」
イメージ

 和らぎと斬新さの融合 ~デザイン墓石に秘められた家族の絆~ご家族のご希望は、斬新の中に和らぎを感じ...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ