コラム

2012-04-16

中国産墓石の価格上昇・2012年/②簡単な加工も複雑な加工も値段は同じ?

中国産墓石の価格上昇・2012年/②簡単な加工も複雑な加工も同じ値段?

~前のコラムからのつづきです~

近年は、中国の経済成長に伴い物価の上昇が続いています。

それは、墓石の価格についても例外ではありません。

中国で製作された墓石の値上げについては、
ここ数年、毎年のように取りざたされていますが、
今年も例外ではなく避けて通れない問題となっています。

すでに昨年(2011年)末には日本側に値上げを通知している
中国側の石材加工工場・商社や、今年(2012年)1月1日から、
旧正月の休み明けから、など時期は少々異なるものの、
値上げを希望する工場・商社がほとんどであります。

この、中国産石材加工製品値上げの背景には、
中国の物価や賃金の上昇、人民元高等の要因はもちろんあります。

しかし、それ以前に中国の石材加工工場向けに日本が発注する
墓石等の加工内容と支払う加工賃の不均衡が挙げられます。


これは、どういうことかを説明いたします。


量を表す単位は、一般的に1m×1m×1m=1㎥(リュウベイ)と呼びますが、
石材の量は1尺×1尺×1尺=1才(切・サイ)という単位を使います(1尺=30.3㎝)。

墓石用の原石の買い付けをする時などにはこの単位を使います。


「才単価●●円の■■石を▲▲才!」という風に…


ちょうど、お肉屋さんで「100g、150円の豚ロース肉を500g!」といった感じです。

もちろん、これは採掘されたままの原石の値段であって、
墓石等の石製品として製品加工された値段ではありません。

豚肉を買うのと「トンカツ」を買うのと値段が違うのと同じです。

これらの原石を墓石等の石製品として加工・製作を加工業者に依頼する際には、
先ほどの原石の「才」あたりの単価に加工賃を加えた「丸才単価」というものが基準となります。

この「丸才単価」なるものには、墓石等の基本加工賃が含まれておりますが、
その形は、あくまでも伝統的な和型の3段墓が基本となり、
複雑な形や、加工に時間と手間を要するものには別途加工賃がかかってくるのです。

その別途加工賃は数万円から、蓮華加工やデザイン墓石などは
十数万円から数十万円といった加工賃が必要になってきます。


日本では従来から、このような価格設定のもとに墓石等の石製品がつくられています。


ところが中国では、1980年代に日本が中国に石材加工の技術を供与した頃に
日本側が中国の石材加工工場と取り決めた製品加工単価の設定方法に問題があるのです。


それは、どんな形のお墓をつくってもすべて「丸才単価」というものです。

豚肉だけを買っても「トンカツ」に揚げてもらっても値段は同じということです。


1980年代頃の日本国内における墓石のカタチといえば、
大半が昔からの伝統的形状の和型3段墓でした。

少し変わった墓石といえば、「オルガン型」と呼ばれる
高さの低い横型のシンプルな洋型墓石くらいでした。

それも、ほとんどがキリスト教信者の方の墓石に限定されていました。


それゆえに「丸才単価」であっても十分対応が出来たのです。

中国産墓石の価格上昇・2012年/②簡単な加工も複雑な加工も同じ値段?

ところが、近年においては、外柵に複雑な意匠を加えた和型墓石や、
オリジナルデザイン墓石にみられるアール加工の多様など、
お墓のカタチが画一的な形状ではない時代となっています。

そうなっても、蓮華加工の様な特に複雑な加工を除いては、
中国における石材加工の単価はつい最近まで「丸才単価」だったのです。

通常の和型3段墓をつくるのに比べると何倍もの時間と手間を要しているのに
金額は和型3段墓と全く同じという奇妙な価格設定がこれまで長く続いてきました。

そのため、日本の石材店側もいくら複雑な加工の墓石を中国に発注しても、
石の量が変わらない限り金額が変わらないのを良いことに、
お客様がそこまでの要求をしていないにもかかわらず、
墓石のあちこちに必要以上の複雑な加工を加えた、
派手さだけが目立つ「デザイン墓石」とはほど遠いお墓も登場してきました。

お肉屋さんで豚肉を買う時に、お肉の代金だけで
「トンカツ」に揚げてもらうだけではなく、
「トン汁」と「お漬物」のサービスもお願いし、
さらに「ご飯」と「キャベツ」のおかわり自由も要求するのです。

さすがに、ここまでくると中国の石材加工工場側としても、
特別加工に対する値上げを要求せざるを得ない状況となったのです。


これらの経緯がここ数年の中国で加工・製作される  
石製品の値上げにつながった大きな要因の一つに挙げられるでしょう。



             ~つづく~



「オリジナルデザインのお墓」について詳しくはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/design/cat_cat152/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/



【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・関東地方
・中部地方
・北陸地方
・近畿地方
・中国・四国地方
・九州地方(沖縄、離島を除く)

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓ディレクター1級」が、お墓づくりの疑問をすべて解決!

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

限られた予算の中でイメージどおりの お墓が建立できたこととても嬉しく思っています。

このたびはお世話になりました。 限られた予算の中でイメー...

Y・Y
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西初!納骨室に水が入らないお墓(11・最終話)不安払拭の3つの約束
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

関西初!納骨室に水が入らないお墓(10)気になる価格は?
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である
イメージ

まず、お墓は一般消費者からすると極めて分かりにくい商品であります。その一番の理由はこれまでに購入経験...

[ 石材店の選び方 ]

2011年度「墓石大賞」にて“大賞”に選ばれました。実録!「お客様の声」
イメージ

 和らぎと斬新さの融合 ~デザイン墓石に秘められた家族の絆~ご家族のご希望は、斬新の中に和らぎを感じ...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ