コラム

2012-01-23

国産墓石なら本当に安心?②中国産の国産墓石?/神戸新聞マイベストプロ神戸主催セミナー「お墓選びで知っておきたい5つのポイント」おさらい

国産墓石なら本当に安心?②中国産の国産墓石?/神戸新聞マイベストプロ神戸主催セミナー「お墓選びで知っておきたい5つのポイント」おさらい
▲国産最高級墓石材の「庵治石」までが中国に送られています。

~前のコラムからの続きです~


中国産の国産墓石?


「国産のようで国産でないお墓」とはいったいどんなお墓なんでしょう?


先ず、「国産」の意味を広辞苑で調べてみると、
「国産」とは“自国で生産・産出すること。また、その産物”との記述がありました。

そんなことは誰が考えてもごく当たり前のことで
「いまさらコラムで何を話すつもりだ!」と思われる方もいるでしょう。


しかし、この当たり前のことが、そうでないのが今の世の中なのです。


実は、近年日本で販売されている「国産墓石」と称するものの多くは、
石材商社や卸売業者により日本で採掘された石を中国に送り、
中国の石材加工工場にて墓石として製品化したものを逆輸入したものです。


「まあ、どんな業界でも表と裏がある訳だから中にはそんなものもあるでしょう」


…なんて、一般の消費者の方々からみると思われるかもわかりません。


事実過去には建築物の耐震偽装や食肉偽装、そして食品賞味期限の改ざん、
…と様々な分野で偽装事件やごまかしが行なわれてきました。


お墓も一部に「中国産の国産墓石」があっても不思議ではありません。


だから、そんな「国産墓石」を販売してる石材店はごくまれで、
「自分自身がお墓を買おうと思っている石材店ではそんなものは扱ってない!」

まして、自分が買う予定の石材店は「お寺の住職からの紹介で、
地域に密着した老舗の石材店なので絶対にそんな墓石は売ってない!」


…などなど、他人事と思われる消費者の方も少なくないでしょう。


しかし、現実はそんなあまいものではありません。


あくまで私の推定ですが、「国産墓石」と称して市場で販売さている墓石で、
中国の石材加工工場にてつくられているものは、おそらく国産墓石全体の
半分以上、いや70%以上を占めているかもわかりません。


小売業者への卸を専門にしている、ある石材商社の社長が言うには、
「うちは大島石に関しては100%中国加工!」と明言されていました。


それらが石材店・仏壇店等の小売店を通じて消費者のお墓となるのです。


これらの「国産墓石」と称して販売されている墓石の問題点は、
多くの場合、消費者に対し「中国でつくられたもの」との説明がないことです。

これまでのコラムでも何度も述べてきましたが、
別に中国をはじめとする新興国でモノづくりをすることが悪いことではありません。


ただ、法的に問題は無くても、高額商品だけに流通経路は明らかにすべきでしょう。


ここ近年、中国の石材加工の技術は飛躍的に進歩したとしても、
まだ日本の熟練石職人の加工技術と比較するとかなりの開きがあります。

それ以前に製作のコストダウンを図るため、
根本的に日本の石材加工とは製作に至るまでの工程が異なります。

もし、製品レベルに差が無いと業者側が本当に思っているならば、
堂々と「中国産国産墓石」と表示して販売できるはずです。


しかし、販売する業者側も実際はそうは思っていないので、
消費者の心理状態を巧みにあやつり、「国産の石だから安心ですよ!」
なんて、消費者が錯覚するような説明でお墓を販売している業者も少なくありません。


でも、普通一般の消費者が「国産墓石」という表示を見たら、
ほとんどの方が当然「日本でつくられているモノ」と思いますよね!


この心理を逆手にとり、「国産のようで国産でないお墓」が売られています。


食品でも衣料品でも電化製品でもそうですが、
私たちの身のまわりの多くのモノには「made in ○○○」と表示されています。


「国産」と表示されていて、実は外国産なんて私が知る限りではお墓だけです。


では、その「中国産の国産墓石」とはなぜお薦めできない
(あくまでも私個人の考えとして)理由についてを、
次回からのコラムでお話ししていくことにいたしましょう。







              ~つづく~







※以下のバックナンバーから読んでいただければなお良く解ります!

①“知らない人が損をする「指定石材店制度」という仕組み”について詳しくはコチラまで
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/22524/

②“あまり知られていないお墓の流通経路”について詳しくはコチラまで
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/23007/

③“お墓のごまかし加工や産地偽装”について詳しくはコチラまで
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/23876/



「オリジナルデザインのお墓」について詳しくはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/design/cat_cat152/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓ディレクター1級」が、お墓づくりの疑問をすべて解決!

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

信頼できる会社、信頼出来る社長です。

私は2月に実父をなくし何処の石材店にお願いしようかと迷って...

松村
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西初!納骨室に水が入らないお墓(11・最終話)不安払拭の3つの約束
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

関西初!納骨室に水が入らないお墓(10)気になる価格は?
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である
イメージ

まず、お墓は一般消費者からすると極めて分かりにくい商品であります。その一番の理由はこれまでに購入経験...

[ 石材店の選び方 ]

2011年度「墓石大賞」にて“大賞”に選ばれました。実録!「お客様の声」
イメージ

 和らぎと斬新さの融合 ~デザイン墓石に秘められた家族の絆~ご家族のご希望は、斬新の中に和らぎを感じ...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ