コラム

2012-01-06

天山石で造ったモダンな和型墓石(神戸市西区/船守幸雄様)

平成23年11月に弊社にて墓碑建立をさせていただいた
船守幸雄様から大変光栄な「お客様の声」を頂戴いたしました。

ここに、原文にて掲載させていただきます。

お客様の声・口コミ

■Q1.お墓を購入される前に、どのようなことで悩まれましたか?

A:墓についての知識が無いため、どこに相談すれば良いのか悩んだ。
  
 特に墓の価格が判らないので不安であった。


■Q2.第一石材をお知りになったきっかけは?

A:神戸新聞の広告


■Q3.第一石材を知ってすぐにお墓を購入されましたか?
  あるいは購入を悩まれた場合、その理由は?

A:墓や石材について親切に対応して頂いた結果、
 信頼できるお店であるので購入を決めた。


■Q4.数ある石材店の中で弊社をお選びいただいた決め手は?

A:同上。特に能島社長が信頼できる方であることが最大の理由となりました。


■Q5.第一石材でお墓を購入されていかがでしたか?

A:大変満足しております。

 現在は心当たりがありませんが、
 若し身近に購入を希望される方がおられれば御社を紹介します。



*****************************************************

船守幸雄様

この度は、身に余るお褒めの言葉を頂き有難うございます。

あまりにも過分なお言葉に嬉しいやら恥ずかしいやら…

これからも、お客様に喜んでいただけるお墓をお届けできるよう、
ますます技術力に磨きをかけて頑張ってまいりたいと思います。

どうもありがとうございました。


㈱第一石材 能島孝志

*****************************************************



ここで、その船守家のお墓のご紹介をさせていただきたいと思います。

天山石 9寸神戸型2重台墓石

【船守家墓碑】
・神戸市立鵯越墓園 3㎡墓所(間口1.5m×奥行2.0m)

■墓石:9寸神戸型2重台墓石
・幅64㎝×奥行98㎝×高さ144㎝
・使用石材:天山石・てんざんいし(佐賀県産高級青御影石)

■外柵:ベンチ付きバリアフリー式外柵「和・モダン」
・幅150㎝×奥行200㎝×高さ30㎝
・使用石種:青御影石 黒龍石(中国・黒龍江省産)
      濃いブルー 551(中国・黒龍江省産)

■設計・製作:株式会社 第一石材 


【船守家墓碑仕様】

・墓石本体は、九州の佐賀県が誇る国産高級墓石材「天山石」を使用し、
 香川県、庵治・牟礼の石職人がつくり上げた伝統的な和型墓石です。


※近年においては中国の石材加工工場にてつくられた
 「天山石」の墓石が大量に出回っています。
 
 日本国内でつくり上げるものと製品精度にかなりの差があります。


・「天山石」の石質は極めて硬く、降雨後に水シミ等の
 変化がほとんど見られないほど吸水率が少なく、
 耐久性に優れた墓石に最適な通好みの名石です。

 紫色がかった濃い青みが特徴で、その歴史は古く、
 唐津城の石垣にも使用されている日本屈指の銘石です。


・入口を広く確保し、柔らかなラインの玉垣で囲ったオリジナルデザインの外柵は
 お参りのしやすいバリアフリータイプにて設計いたしました。


・外柵のメイン部分には、中国産高級墓石材で、
 一般的には「黒龍石」と呼ばれている
 中国・黒龍江省産の青御影石を使用しております。

 「黒龍石」は、厳密に言うと数多くの種類に分類されます。

 その採石場の数は100ヶ所以上もあり、
 それぞれの石種の名称は数字と記号で定められています。

 その中でも細かな石目と強い青みが特徴で、
 吸水率や圧縮強度等の物性データにおいても
 国産の高級墓石材と比較しても遜色の無い最高ランクの
 「G1704・K12/No.60,000~丁場」の原石を使用いたしました。

 天山石との色目の相性もピッタリです。


・アクセントには、コントラストが強い黒御影石と比べ、
 少し柔らかなイメージを演出できる濃いブルーグレーの細かい石目が特徴の、
 同じく中国・黒龍江省産の「551」を使用し、フロア部分には滑り止めとして、
 グラフィックデザイナー・大塚勉氏がデザインした
 「桜」の図案をサンドブラスト加工により描かせていただきました。

 
・外柵右側の見やすい位置に幅64㎝のワイド霊標を配し、
 左側には手荷物置きやお供え物の準備をする台としても
 利用できるベンチをご用意いたしました。


・墓所内は雑草の生えにくい土「防草マサ®」を使用させていただきました。




「天山石」について詳しくはコチラまで
http://www.daiichisekizai.com/choose_stones/2010/01/entry_694/
「黒龍石」について詳しくはコチラまで
http://www.daiichisekizai.com/choose_stones/2010/01/entry_696/


「オリジナルデザインのお墓」について詳しくはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/design/cat_cat152/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓ディレクター1級」が、お墓づくりの疑問をすべて解決!

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

信頼できる会社、信頼出来る社長です。

私は2月に実父をなくし何処の石材店にお願いしようかと迷って...

松村
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西初!納骨室に水が入らないお墓(11・最終話)不安払拭の3つの約束
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

関西初!納骨室に水が入らないお墓(10)気になる価格は?
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である
イメージ

まず、お墓は一般消費者からすると極めて分かりにくい商品であります。その一番の理由はこれまでに購入経験...

[ 石材店の選び方 ]

2011年度「墓石大賞」にて“大賞”に選ばれました。実録!「お客様の声」
イメージ

 和らぎと斬新さの融合 ~デザイン墓石に秘められた家族の絆~ご家族のご希望は、斬新の中に和らぎを感じ...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ