コラム

2011-06-13

天下の銘石「庵治石(あじいし)」の割増価格の理由?

最高級墓石材「庵治石」の採掘

~前のコラムからの続きです~

【割増の付く理由】

■①キズの多さによる希少性
日本は複数のプレート(ユーラシア・北米・太平洋・フィリピン海)の接点上にあります。

それらのプレートはお互いが引っ張り合っているため、
その接点上にあり縦に長い日本の地層は南北にひずみが生じ亀裂が多く入っています。

また、日本は火山が多いため火山活動による地形の隆起による亀裂も多い。

これらの亀裂が岩盤のキズであり、ひいては庵治石のキズとなります。

このような理由により、総じて日本国内で採れる石は、
大陸で採れる石に比べてキズが多いといえます。

特に庵治産地は瀬戸内火山帯の中にあり、
庵治石はこの火山活動によってできた亀裂が非常に多く、
採石時においてすべてを避けることは困難を極めます。

たとえ職人の勘と技によりキズの無い部分を判別できたとしても、
石の場合は必要なところだけをくり抜いて採掘するわけにはいきません。

つまり、あらかじめ無駄だとわかっている場所をも採掘しなくてはならないのです。

庵治石は年間約3720tの採石量があるが、墓石及び燈籠、
彫刻などとして使用されるのは、ほんの3%~5%といわれています。

これは、いかに墓石用材として使うことのできる庵治石が貴重であるかがうかがえる数字であります。

大量に採掘された原石の中で厳選された庵治石だけが墓石として使用されるのです。

大半は建築材(束石や貼り石、庭石、石垣用材、漁礁用材、埋め立て用材など)として使用されます。

この貴重な墓石用材はさらに加工の段階で厳選されることになります。

「庵治石」の大割り

■②加工時におけるリスクの高さ
採石した原石を加工する時にもリスクを伴います。

採石時において、可能な限りサビのある部分やキズを省いていきますが、
石は中まで見ることが出来ません。

一見、何の問題も無い原石でも、いざ切ってみると
中にキズやサビ、黒玉・白玉・ナデ・ムシ…等が出てくる場合があります。

そのような場合は一からやり直すことになります。

■③色目・石目合わせの難しさ
墓石を造る場合、部品の数が複数になる場合がほとんどです。

その場合に問題となるのが、他の部材との色合いや目合いのバランスであります。

ご承知の通り、石は自然の産物である以上、全く同じものは二つとしてありません。

庵治石は特にこの差が顕著でありバランスよくまとめることが困難な石です。

例えば、同じ塊から切り出したものでも目合いが違うこともあります。

ほとんどの場合、原石や切削の段階で、ある程度の予想はつきますが、
まれに、研磨をしてみると全く印象が変わってしまう石もあります。

そういった場合もまた一からやり直すことになります。

「庵治石」の小割り

■④庵治石の丁場を維持するための諸経費
前述の①~③により庵治石がいかに希少価値のある
厳選されたものであるかを解かっていただけたことと思います。

この貴重な庵治石を採掘するためには莫大な費用がかかります。
年貢はもちろんのこと、様々な管理費・維持費などが必要となってきます。

これらが庵治石の製品として販売されるすべての石にかかってくるのです。


これらは、すべての墓石用庵治石にいえることでありますが、
特に大きいものや長いもの、薄いもの、霊標(墓誌)や碑銘には顕著に現れるため、
「庵治石の割増」というかたちで価格に加算されるのです。

以上のように、数々の問題点を克服したものだけが、
最高級ブランドである庵治石として出荷されます。

これらを克服するには長い時間と手間、様々な知恵と工夫、
卓越した技術、細かい工程、多くの石工達の力と心意気が必要です。

これが「庵治石の割増」の所以であります。

※参考文献:『天下の銘石 庵治石』(谷本竹正氏著)


「庵治石」について詳しくはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/choose_stones/2010/01/entry_692/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/

この記事を書いたプロ

株式会社第一石材 [ホームページ]

能島孝志

兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL:0120-75-6148

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
信頼できる石材店に出会えたことが何よりの幸せです。(神戸市北区/辻井様)

お墓は子孫に伝え、ご先祖や家族の絆を感じる大切な場・装置・システムです。モノだけではなく、お墓を建てる物語、想いを大切にしたいと考えております。...

第一石材のお墓
家族の想いをカタチにしたデザイン墓石

夫を亡くされた奥様と3人のお嬢様から最初に頂いたご要望は「黒を基調とした独創的で重厚感のあるお墓」をコンセプトにオリジナルデザイン墓石を設計をしてほしいとい...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
能島孝志 のじまたかし

お客様目線で業界に一石を投じ続けてきた神戸のお墓ディレクター(1/3)

 神戸で伝統的な和型墓石からデザイン墓石の製作・販売を行なっている第一石材の能島孝志社長。もともとは、企業の販促や企画プロデュース、営業指導を行なっておられたそうです。 「仕事で、石材店の営業指導に週1回行き始めたのがきっかけでした。当...

能島孝志プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「お墓ディレクター1級」が、お墓づくりの疑問をすべて解決!

会社名 : 株式会社第一石材
住所 : 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2丁目1番21号 [地図]
TEL : 0120-75-6148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

フィーリングの合う石材店に出会えて良かったです。

この度はお世話になりました。 お墓を建てるときには、外観...

林 
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西初!納骨室に水が入らないお墓(11・最終話)不安払拭の3つの約束
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

関西初!納骨室に水が入らないお墓(10)気になる価格は?
イメージ

以下のコラムからの続きです。最初からご覧になってください。(1)実は墓石の中は水浸し!?(2)「こんなも...

[ 防水構造を備えたお墓・墓石 ]

お墓のデザインコンテスト「墓石大賞」受賞5度の実績
イメージ

「墓石大賞」とは、墓石購入を考えている方のためのガイドブック「霊園ガイド」(株式会社六月書房刊)が美観やバ...

[ お墓の知識 ]

良いお墓が出来るかどうかの分かれ目(1)お墓は一般消費者には極めて分かりにくい商品である
イメージ

まず、お墓は一般消費者からすると極めて分かりにくい商品であります。その一番の理由はこれまでに購入経験...

[ 石材店の選び方 ]

2011年度「墓石大賞」にて“大賞”に選ばれました。実録!「お客様の声」
イメージ

 和らぎと斬新さの融合 ~デザイン墓石に秘められた家族の絆~ご家族のご希望は、斬新の中に和らぎを感じ...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ