コラム

 公開日: 2018-03-21 

片づけは時短への近道!キッチン収納のアイデアとコツ12選④

その7「キッチン家電はしまい込まない」


せっかく便利な調理家電も、出すのが面倒でしまい込んだまま使っていないとなれば、持っている意味がありません。使うまでの手間をなるべく省くことで、宝の持ち腐れとならないようにしましょう。


家電をしまい込んでいる場合、使用時にかかる手間は、「出す」と「コンセントに差し込む」。これらを簡略化することで、家電はすぐに使えるようになります。そのためには、家電をなるべくしまい込まないようにするのが一番。死角などをうまく利用して、出しっぱなしでも目立たない場所を探します。また、せっかく出したなら、コンセントの抜き差しも省略したいもの。節電コンセントを利用することで、差したままでもオンオフを可能にできます。



どうしても出しっぱなしにはできない家電であっても、使う場所の近くに保管することで、なるべく使いやすくすることができます。

たとえば、テーブルのうえで使う卓上IHやホットプレート。キッチン用品だからといって、キッチンに保管しておく必要はありません。ダイニングにある棚のウラに立てかけておき、すぐに持ってこられる距離に備えておくのはどうでしょう。コンセントだけをあらかじめテーブルに備えたボックスに入れ差しっぱなしにしておけば、すぐに電源を入れることができます。
(筆者自宅実例)


せっかく家にある便利な家電。使うまでの手間をなるべく省くことを考えて、持っている限りは活かすようにしましょう。

その8「必要数にする」


「キッチンで使うモノの定位置は当然キッチン」、そう思って狭いキッチンに全てを収納しようとすると、モノが収納キャパシティを超えてしまうことも。それが原因で、使いにくいキッチンになっている場合があります。


たとえば、布巾。たいていの場合、持っているすべてを定位置に収めようとします。

ですが、毎日洗濯するというお宅であれば、本当はそんなに必要ないのかもしれません。すぐに洗ってはしまうので、結果使っている布巾は手前の数枚。その奥の布巾に関しては、ずっとそこに置かれたまま使われることはありません。であれば、定位置には必要な数だけを配置し、残りはストックとして別保管することをお勧めします。それにより、引き出しが使っていない布巾でぎゅう詰めになることもなく、布巾の交換時期も早まります。そのときに、別保管していたストックから補充すれば、たくさんある布巾をうまく使い切ることができます。
(西宮市 M様邸片づけ実例)


保存容器も、キッチンスペースを侵食する代表選手。さまざまな形があるうえにフタもあり、スタッキングできないタイプのモノが多いからです。

その場合もキッチンに置くのは必要数だけ。できればスタッキング可能な定番のデザインにするのがオススメです。補充したい時に同じモノが手に入りやすいうえ、同じデザインであれば冷蔵庫のスペースを効率的に使うことができます。そして、適正量オーバーと判断されたモノも、引き出しや棚の仕切りとして使える可能性があります。片づけが終わるまで、手元に残しておきましょう。

(神戸市垂水区 S様邸片づけ/筆者自宅実例)


これまでの記事はこちらから
【片づけは時短への近道!キッチン収納のアイデアとコツ12選①
【片づけは時短への近道!キッチン収納のアイデアとコツ12選②
【片づけは時短への近道!キッチン収納のアイデアとコツ12選③

片づけが気になるあなたへ

収納工房CozyStyle神戸は「活かす片づけ」で暮らしを活性化させます。
収納工房CozyStyle神戸 HPはこちらから

片づけサポートサービスをお考えの方はこちらから
(カウンセリング無料。お気軽にお問合せください!)

大好評!各種セミナー お問合せはこちらから
(ご質問だけでも受け付けております。お気軽にお問合せください!)

ブログ「イカす!工夫な暮らし」はこちらから

インスタグラム始めました

この記事を書いたプロ

収納工房CozyStyle神戸 [ホームページ]

整理収納アドバイザー 遠藤亜紀

兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL:080-5702-1900

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
遠藤亜紀 えんどうあき

捨てるだけにとらわれない「活かす工夫」で暮らしやすさを形に(1/3)

 「誤解を恐れずに言うと、私は『たかが収納』と思っています」というのは、神戸市の整理収納アドバイザー・遠藤亜紀さんです。「モノを収納することを片づけの目的と捉えがちですが、そうすると空きスペースに使わないモノを入れてしまう恐れも。モノは使う...

遠藤亜紀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

経験に基づいたアイデアで「暮らしやすい」をカタチにできます!

会社名 : 収納工房CozyStyle神戸
住所 : 兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL : 080-5702-1900

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5702-1900

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
実家の片づけは「親の暮らしを守るため」にしないといけない、その理由
イメージ

 遺された家族のための片づけは本当に必要か 近年、「親の家の片づけ」がたびたび話題に上っています。T...

[ シニア世代の片づけ ]

SNSで見かける美しい収納を真似ても片づけられない、ふたつの理由②
イメージ

 真似ても片づかない理由  その2「熱意が違う」 SNSを見て美しい収納を真似るのは、それほど難しいことで...

[ 片づけのコツ ]

SNSの美しい収納をそのまま真似ても片づけられない、ふたつの理由①
イメージ

多くの人が利用している写真投稿サイト。キーワードで検索すれば、片づけの手本にしたい部屋や収納を簡単に見つけ...

[ 片づけのコツ ]

片づけは時短への近道!キッチン収納のアイデアとコツ12選⑥
イメージ

 その11「作業場を確保する」 モノを収めることに気を取られ、キッチンを収納で埋め尽くしてしまうと、途...

[ 整理収納のアイデア ]

片づけは時短への近道!キッチン収納のアイデアとコツ12選⑤
イメージ

 その9「裏を使う」 棚の収納場所は棚板の上だけではありません。持っている棚はフルに活かし、収納キャパ...

[ 整理収納のアイデア ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ