コラム

2016-02-13

4つのやる気スイッチで、片づけのモチベーションを上げる方法

片づけなければ…と思っていても、やる気にならない、重い腰が上がらないという人は少なくありません。ただ単に片づけが嫌いなので避けて通っているだけなのかもしれませんし、料理や洗濯や育児など、しなければいけない他の仕事に追われ、片づけまで手が回らないのかもしれません。

実際、ご飯を食べなければ生命にかかわる危機的状況になることもありますが、散らかった部屋に暮らしていても、そこまで直接的な危機に陥ることは考えにくいものです。優先順位を考えたら、片づけよりも料理や育児が先になるでしょうし、片づけに苦手意識があれば尚更、後回しにしてしまうのも無理のないことかもしれません。

ですが、片づけないことにより起こるマイナスは想像以上に大きく、実はそれが忙しさの原因になっていることもあるのです。忙しいから片づけられない、だからますます忙しくなる、それによりもっと片づけられなくなる…という負のスパイラルに陥っている場合も少なくありません。

忙しい毎日を少しでも解消しようと思ったとき、暮らしを整えることはかなり有効な手段です。忙しいから片づけないのではなく、忙しいからこそ片づけると心得るべきでしょう。

そこで、どうしたら片づけに対してモチベーションをあげ、重い腰を上げることができるのか、ここではその方法を4つご紹介します。

1.片づけの効果を知る


片づけがどのような効果が生むのかを知ることで、片づけのモチベーションを上げていく方法です。



例えば、家が整っていると時間短縮につながります。使いたいモノがすぐに見つかるので、探し物がなくなります。あらゆるモノが考えて置かれているので、使いたいモノがサッと取り出せます。片づけることで時間的効果が生まれるのです。

また、家が整っていると無駄がなくなります。持っているモノを全て把握できているので、同じモノをいくつも所有したり、持っているのにまた買ってしまったりということがなくなります。家をモノであふれさせたくないので買い物に慎重になり、無駄使いがなくなります。片づけは経済的効果を生み出してくれます。

さらに、家が整っているとストレスが減ります。家族の居場所ができるので、家族が家を居心地の良い安全安心な場所と感じることができます。見た目がスッキリしているので、イライラすることなく心穏やかでいられます。片づけは精神的効果をもたらしてくれるのです。

これはほんの一例ですが、このように片づけることで発生する効果は少なくないのです。それが分かると、部屋を整えることは単なる「後片づけ」ではなく、暮らしをよりよくするための「手段」であると理解することができます。

片づけの価値を認め、片づけないと損、片づければ得と捉えれば、片づけに対してのモチベーションが上がるでしょう。

2.片づけに対して目的を持つ


ただ漠然と片づけたいと思うのではなく、片づけに対して具体的な目的を決め使命感を持つことで、片づけのモチベーションを上げることができます。



なんとなく片づけるより、自分のため、配偶者のため、子供のため、親のためなど、片づけることで変化をもたらしたい具体的な対象を考え、そこをどうしたいのか、どうなって欲しいのかを明確にイメージしたほうが、片づけに対し前向きになれます。特に、家の中に何かしらの問題を抱えている場合、それを抱えることで自分がふさぎ込み家の中のことを放棄してしまえば、解決は遠のくばかり。流れを軌道修正するために片づけに取り掛かるのは、プラスにこそなれマイナスになることはありません。

また、自身や家族の受験や転職など、転機や挑戦の踏ん張りどころでも、片づけはその力を発揮してくれます。モノの散乱した雑然としている家と床の見える整然とした家、どちらに迎えられたら帰宅時にやる気が萎えるか、また活力がよりみなぎるかは、説明するまでもないでしょう。

そのように、明確な目的のもとに使命感を持つことが、片づけに対するブレない姿勢を作り、やろうとする気持ちを生み出します。

3.片づけを楽しみに変える


片づけを楽しみに変えることで、モチベーションを上げていく方法です。



片づけそのものを楽しいと感じることができれば、それがいちばん手っ取り早いのですが、元々片づけが苦手な人は片づけを楽しもうと勧められても、なかなかそう思えるものではありません。嫌いなものは嫌いなのです。

そこで、片づけを楽しみとくっつけてしまいましょう。

そう言われて思いつくのは、ご褒美作戦。片づけられたら欲しいモノをご褒美として手にできると決める方法です。もちろん、これも有効でしょう。報酬は、モチベーションを上げるのに一番手っ取り早い手段です。

ですが、これだと片づけそのものを楽しむことにはつながりません。嫌なことを頑張ることにより、楽しいことを手に入れるということになり、片づけの存在はつらい作業という扱いのままです。それよりも、片づけ自体を楽しいものにして、楽しいことをしていたら結果片づいていたとしたほうが、より効果的。ですから、片づけを楽しく思えるような工夫をするのです。

たとえば、子どもにおもちゃを片づけさせる場合。ただ「片づけなさい」というよりも、ゲーム感覚で「○○ちゃんは車を青い箱に、△△ちゃんは怪獣を赤い箱に入れて。どっちが早いか競争ね」としたほうが、遊び感覚で楽しく片づけられます。それと同じ手法を我々おとなにも取り入れるのです。

そのときに役に立つのがSNS。自分の片づけの記録を匿名でブログに載せてもいいですし、気心の知れた友達同士で片づけのグループを作り、片づけた成果を載せ合うのも効果があります。友人が片づけたと知れば自分も奮起できるし、お互いいろいろなヒントが出し合えます。自分の片づけた画像に対して、「すごい」「頑張ったね」とコメントが返ってくれば、頑張った努力が報われた気持ちに満たされ、さらにやる気がアップします。

自分ひとりでする片づけは、誰にも認められず悶々としがちですが、一緒に頑張れる友人と共に進めることで、片づけが楽しいものに変わります。

また、人を招き入れる機会を増やすことも、片づけのモチベーションを上げる方法としてよくあげられる手段です。ですが、残念ながらこの場合の片づけは、友人との楽しいひとときをご褒美にした、その前にあるつらい作業の存在のまま。片づけ自体を楽しみと感じることはありません。

そこで、楽しいひとときと片づけをセットにしてしまうのです。

気心の知れた仲間同士、家の雑務を持ち寄り集まります。そこで、楽しいおしゃべりと美味しいスウィーツをいただきながら、仲間と一緒に片づけていくのです。家でやろうとすると後回しにして溜まりがちな仕事も、おしゃべりしながらすると楽しい作業に変わります。アルバム整理、家計簿つけ、提出物作成、繕い物、アイロンがけ等々。一見すると家の片づけにはつながりそうもない雑務処理ですが、実はこれら雑務を片づけることが、家の片づけを大きく前進させるのです。

雑然とした部屋のイメージで、いち早く思い出されるのがダイニングテーブル上の書類の山。また、リビングソファーの上や和室の隅にも、吹き溜まりのようにモノの山ができていきます。それらはたいてい、後回しにして溜まりがちな家の雑務で形成されています。その山をなくすには、雑務をいち早く処理するしか方法がありません。そこで、その作業を楽しみとセットにしてしまうことで、ストレスなく楽しく片づけてしまうのです。



嫌いなことと楽しいことをセットにする工夫。それにより、片づけが楽しみに変換され、片づけの苦手意識を小さいものにしてくれるでしょう。

4.片づけを好きになる


「好きこそものの上手なれ」。まさに、その通り。片づけが好きなら、モチベーションをわざわざ上げる必要などなくなります。



最初からは無理でも、片づけの効果を知り、具体的な目的を決め、楽しみながら片づけを進めることで、気づかぬうちに片づけが大好きになっていたということも。そうなればしめたもの。片づけのモチベーションはノンストップかも知れません!

実は、片づけが苦手だった人が、片づけ始めたらその魅力にハマり大好きになったという人は少なくないのです。そんなことはありえないと決めつける前に、今から少しずつ始めてみませんか?

この記事を書いたプロ

収納工房CozyStyle神戸 [ホームページ]

整理収納アドバイザー 遠藤亜紀

兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL:080-5702-1900

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
遠藤亜紀 えんどうあき

捨てるだけにとらわれない「活かす工夫」で暮らしやすさを形に(1/3)

 「誤解を恐れずに言うと、私は『たかが収納』と思っています」というのは、神戸市の整理収納アドバイザー・遠藤亜紀さんです。「モノを収納することを片づけの目的と捉えがちですが、そうすると空きスペースに使わないモノを入れてしまう恐れも。モノは使う...

遠藤亜紀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

経験に基づいたアイデアで「暮らしやすい」をカタチにできます!

会社名 : 収納工房CozyStyle神戸
住所 : 兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL : 080-5702-1900

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5702-1900

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
実家の片づけは「親の暮らしを守るため」にしないといけない、その理由
イメージ

 遺された家族のための片づけは本当に必要か 近年、「親の家の片づけ」がたびたび話題に上っています。T...

[ シニア世代の片づけ ]

片づけが苦手な家族にイライラしないために、自分ができる簡単なこと
イメージ

 他人を変えるのではなく、自分が変わる 「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」とは、精...

[ 片づけのコツ ]

実家の片づけは捨てるだけではない。親の暮らしを支えるそれ以外の方法
イメージ

「実家の片づけ」が巷で話題に上るようになってから、それまで気にならなかったのに、実家の状態に目がいってしま...

[ シニア世代の片づけ ]

老後の暮らしに向けての準備。住まいを整えることは不安解消の第一歩。
イメージ

 老後の準備。まずするべきは? 人は誰でも年を取り、老後を迎えます。それは分かっていても、早いうちから...

[ シニア世代の片づけ ]

もったいない世代の実家の片づけ。片づかないのは捨てさせるから?
イメージ

 もったいない世代の実家の片づけ モノの溢れる現代社会と、「もったいない」と生きてきた親世代。現実と価...

[ シニア世代の片づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ