コラム

 公開日: 2015-11-08  最終更新日: 2015-11-25

テーブル上にそびえ立つ、なんとなく置いてあるモノたちの山に挑む

ダイニングテーブル上で起きている悩ましい惨状




家の中には、片づけても片づけてもどういうわけかモノが滞っていく、吹き溜まりのような場所があります。
それが、ダイニングテーブルの上とかキッチンカウンターの上とか。
かつては平地が広がっていたはずなのに、気がつけばそこに、なんとなく置かれたモノたちで作られた山が隆起しているのです。
山は絶妙なバランスで上へ上へと伸びていき、その麓の小さい空きスペースでご飯を食べる毎日。
その山を元の平地に戻したい、そう思うのであれば、まずは山ができる原因を突き止める必要があります。

山を解決するには、先ず山を知れ


山はどうしてできるのか。
その答えは、積みあがっているモノをよく観察してみると分かります。
例えば、「定位置が決まっていないモノ」や「定位置に戻すのが面倒なモノ」。
これらは理由が明白なので、解決も比較的簡単です。
定位置が決まっていないのであれば、定位置を速やかに決めればいいし、定位置に戻すのが面倒なのであれば、収納のハードルを低くすれば解決するでしょう。

ところが、それらがちゃんとできていても、モノが溜まっていく場合があります。
実は、山の原因は定位置の不足や不備だけではありません。
定位置はあるのだけれど、そこへ行く準備のできていない「未処理のモノ」、これがテーブルの上に山を作っているのです。
ですからいくら定位置を設けても、それを解決しない限り山は増殖を続けるでしょう。

未処理のモノが溜まってしまうシステムはこうです。
例えば、郵便物。
夕方、帰宅とともに郵便物を家の中に持ち込みますが、その際すぐに処理をしないことがあります。
なぜなら、夕食の準備やら洗濯物の後始末やら、その時間はやらなければいけないことが盛りだくさんで、猫の手を借りたいほどに忙しいからです。
返事を書く手紙、保存と廃棄に分別する手紙、シュレッダーにかける手紙など、全てをあとでやろうと、テーブルの上やキッチンカウンターの上に一旦置きます。
郵便物と一緒に取ってきた夕刊だって、あとで読もうとそこに置かれ、それだけで1センチほど山は隆起。
本当は、友人からの手紙は手紙入れへ、保管する書類はファイルへ、読み終わった新聞は廃品回収用袋へと、それぞれ定位置が決まっているのですが、処理待ちのためとりあえずとテーブルに置かれ、そしてそのまま放置され、それが毎日繰り返され、溜まりに溜っていくのです。



それを解決するにはどうしたらいいか。
答えは一つしかありません。
未処理ゆえに溜まるのだから、速やかに処理をすること。
つまり後回しをやめる。
これに尽きるでしょう。

ただし、これこそ言うは易く行うは難し。
忙しかったり、面倒だったり、忘れてしまったりで、その処理がなかなかできないことこそが問題なのです。
ですから山を作らないようにするには、それでも処理が速やかに行われるシステムが必要となります。
そのために作られるのが、仮置き場という定位置です。

仮置き場はダイニングテーブルを救う


仮置き場というと「とりあえずボックス」のような、何でもかんでもポイポイ入れられる便利な箱のようなものを想像するかも知れませんが、決してその類のものではありません。
そのようなその場しのぎの箱を作ったところで、何の解決にもならないどころか、かえって山にしっかりとした土台を作ってしまうことになりかねないからです。
では、箱でない何か別のものを置くのかというと、やはり箱一つでいいのです。





ただし、大きく違う点が二つあります。

一つ目は、仮置き場の定義を「未処理のモノを一時保管する場所」と明確に決めること。
そう定義することで、仮置き場に何かが入っている限り、自分にするべき仕事があることがわかります。
これが仕事の見える化になり、処理をする行動につながります。

そして二つ目。
その箱の基本形を、空っぽの状態と決めること。
なぜなら、そこは一時的に仕事を保管するだけの仮置き場だからです。
箱に何かが入っていたら、早く空っぽにするよう自分にルールを課します。
すると、するべき仕事を早いうちに処理し、そして本来収まるべき定位置へと移動させることができるのです。


片づけというと、すぐに収納を作るなど物理的にどうにかしようと考えがちですが、まずは自分の行動を見直すことが大切。
収納は、見直し後の自分をうまくサポートしてくれる、心強い相棒として活用しましょう。

関連コラム
「散らかり部屋」より劣る「スッキリ部屋」に足りないのは定位置です
関連ブログ
テーブル上に溜まるモノの処理


この記事を書いたプロ

収納工房CozyStyle神戸 [ホームページ]

整理収納アドバイザー 遠藤亜紀

兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL:080-5702-1900

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
遠藤亜紀 えんどうあき

捨てるだけにとらわれない「活かす工夫」で暮らしやすさを形に(1/3)

 「誤解を恐れずに言うと、私は『たかが収納』と思っています」というのは、神戸市の整理収納アドバイザー・遠藤亜紀さんです。「モノを収納することを片づけの目的と捉えがちですが、そうすると空きスペースに使わないモノを入れてしまう恐れも。モノは使う...

遠藤亜紀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

経験に基づいたアイデアで「暮らしやすい」をカタチにできます!

会社名 : 収納工房CozyStyle神戸
住所 : 兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL : 080-5702-1900

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5702-1900

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
実家の片づけは「親の暮らしを守るため」にしないといけない、その理由
イメージ

 遺された家族のための片づけは本当に必要か 近年、「親の家の片づけ」がたびたび話題に上っています。T...

[ シニア世代の片づけ ]

片づけが苦手な家族にイライラしないために、自分ができる簡単なこと
イメージ

 他人を変えるのではなく、自分が変わる 「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」とは、精...

[ 片づけのコツ ]

実家の片づけは捨てるだけではない。親の暮らしを支えるそれ以外の方法
イメージ

「実家の片づけ」が巷で話題に上るようになってから、それまで気にならなかったのに、実家の状態に目がいってしま...

[ シニア世代の片づけ ]

老後の暮らしに向けての準備。住まいを整えることは不安解消の第一歩。
イメージ

 老後の準備。まずするべきは? 人は誰でも年を取り、老後を迎えます。それは分かっていても、早いうちから...

[ シニア世代の片づけ ]

もったいない世代の実家の片づけ。片づかないのは捨てさせるから?
イメージ

 もったいない世代の実家の片づけ モノの溢れる現代社会と、「もったいない」と生きてきた親世代。現実と価...

[ シニア世代の片づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ