コラム

 公開日: 2015-10-25  最終更新日: 2015-10-27

住まいを整えるとアンチエイジングにつながる、うそのような本当の話

アンチエイジングに必要なもう一つの柱




シニアになると、気になってくるのがアンチエイジング。
その目的は、美容から体力増進までさまざまですが、誰もが無関心でいられないのは健康維持と認知症予防ではないでしょうか。
見た目が衰えたところで暮らしが不自由になることはありませんが、健康を害する、体力が衰える、気力がなくなる、理解ができなくなるなどの身体能力の低下は、生活に支障をきたし暮らしが立ち行かなくなる恐れが出てくるからです。
いくつになっても今まで通り、他人に迷惑をかけず自力と自己決定により暮らすことが多くの人の願いであり、その生活こそが人間の尊厳を保ち、生活の質(QOL)を守ることにつながっていきます。
それゆえに、「バランスのとれた食事」「適度な運動」「脳トレ」などを積極的に取り入れ、老化を少しでも遅らせようと努めるのです。



その三つの取り組みが、一般的に考えられているアンチエイジングの代表ともいえる三本柱ですが、是非そこに加えて欲しいもう一本の柱があります。
それが「住環境整備」です。
その必要性はまだあまり認知されていませんが、実はアンチエイジングの鍵をにぎる重要なキーワードだと考えています。

ポイントは、「身体能力」ではなく「自活能力」


食事、運動、脳トレなどの取り組みは、自らの身体能力を維持向上させることが狙いです。
ですが、アンチエイジングの最終目標は、実はそこではありません。
前述のとおり、万人の願いは可能な限りそれまでと同じ生活を自分の力で送ることです。
ということは、身体能力はアンチエイジングのための手段であって目的ではないということ。
その身体能力により「自活する」ことこそが、アンチエイジングの真の目的であり最終目標だといえるでしょう。

ところが、努力の甲斐あって身体能力が維持できているのにもかかわらず、自活がかなわない場合があります。
その理由は、住環境の不適合。
不適合とは、バリアフリー化がされていないなど、建物自体の設備が不十分というケースもありますが、家の中が雑然としている、モノであふれているなどのケースも含まれます。

「モノが使いやすく配置されていない」、「どこに何があるかわからない」、「床が障害物だらけ」など、些細なことと思われがちな家の中の不備も、高齢者の暮らしにおいては、安全を脅かし動きを妨げる大きな壁となります。
特に、長いこと住んでいる家の場合、住人は加齢に応じた改善の必要性に気がつかず、そのままの状態で暮らし続けてしまいます。
その結果、身体能力にさほど問題がなくても、家の中で動くことが徐々に困難となり、やがて動かなくなるのです。
それがさらなる身体能力低下を招き、ますます動けなくなり動かなくなるという負のスパイラルに陥ります。
最終的には生活不活発病(廃用症候群)発症を引き起こすケースさえ出てくるのです。

生活不活発病とは、重篤化すると寝たきりになってしまう可能性もある病。
健康に問題がなかった人が、家を片づけていなかっただけで寝たきりになってしまう危険があるのだとすれば、できるだけ体力のある早いうちに、家の中を動きやすい環境に整えておくほうが賢明です。
動けなくなったあとに待っている暮らしは、アンチエイジングの目的からは程遠い、自力と自己決定のない不自由な生活だからです。



こんなにある!住環境整備から生まれる効果


住環境整備の効果は、生活不活発病の予防だけにとどまりません。

自分でできる家事は、それ自体が立派なアンチエイジングです。
頭、手指、身体全体をフルに使うため、若返り効果が期待できます。

軽やかに動ける家事動線は、家事の負担を軽くしてくれます。
楽になれば時間や気持ちに余裕が生まれ、活動が増えていきます。

片づいた家は、いつでも人を家に呼ぶことができます。
交友関係が広がれば、それによりさらに世界が広がります。

広がった世界は好奇心を刺激し、気持ちを豊かにしてくれます。
そして、豊かな気持ちで満ちた暮らしが、明日への生きる活力へとつながっていくのです。
その活力こそが、おそらく最も効果的で最強のアンチエイジングといえるでしょう。



一見すると何の関係もなさそうなアンチエイジングと住環境ですが、
自分の身体を守ってくれる三本柱と、暮らしを守ってくれるもうひとつの柱。
そう考えると、どちらか一方だけでは不十分です。
ステキな未来のために、アンチエイジングは四本の柱で立ち向かいましょう!

この記事を書いたプロ

収納工房CozyStyle神戸 [ホームページ]

整理収納アドバイザー 遠藤亜紀

兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL:080-5702-1900

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
遠藤亜紀 えんどうあき

捨てるだけにとらわれない「活かす工夫」で暮らしやすさを形に(1/3)

 「誤解を恐れずに言うと、私は『たかが収納』と思っています」というのは、神戸市の整理収納アドバイザー・遠藤亜紀さんです。「モノを収納することを片づけの目的と捉えがちですが、そうすると空きスペースに使わないモノを入れてしまう恐れも。モノは使う...

遠藤亜紀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

経験に基づいたアイデアで「暮らしやすい」をカタチにできます!

会社名 : 収納工房CozyStyle神戸
住所 : 兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL : 080-5702-1900

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5702-1900

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
実家の片づけは「親の暮らしを守るため」にしないといけない、その理由
イメージ

 遺された家族のための片づけは本当に必要か 近年、「親の家の片づけ」がたびたび話題に上っています。T...

[ シニア世代の片づけ ]

片づけが苦手な家族にイライラしないために、自分ができる簡単なこと
イメージ

 他人を変えるのではなく、自分が変わる 「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」とは、精...

[ 片づけのコツ ]

実家の片づけは捨てるだけではない。親の暮らしを支えるそれ以外の方法
イメージ

「実家の片づけ」が巷で話題に上るようになってから、それまで気にならなかったのに、実家の状態に目がいってしま...

[ シニア世代の片づけ ]

老後の暮らしに向けての準備。住まいを整えることは不安解消の第一歩。
イメージ

 老後の準備。まずするべきは? 人は誰でも年を取り、老後を迎えます。それは分かっていても、早いうちから...

[ シニア世代の片づけ ]

もったいない世代の実家の片づけ。片づかないのは捨てさせるから?
イメージ

 もったいない世代の実家の片づけ モノの溢れる現代社会と、「もったいない」と生きてきた親世代。現実と価...

[ シニア世代の片づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ