プロTOP:遠藤亜紀プロのご紹介

捨てるだけにとらわれない「活かす工夫」で暮らしやすさを形に(1/3)

遠藤亜紀 えんどうあき

「いつか使うかも」がOK?!住む人の理想に寄り添い考えます!

 「誤解を恐れずに言うと、私は『たかが収納』と思っています」というのは、神戸市の整理収納アドバイザー・遠藤亜紀さんです。「モノを収納することを片づけの目的と捉えがちですが、そうすると空きスペースに使わないモノを入れてしまう恐れも。モノは使うためにあるのですから、『使う・活かす』ことに目的のベクトルを合わせるべきです」

 ただし使わないモノの解決方法は、捨てることだけではないといいます。「サポートサービスやセミナーでは、活かすことも手段のひとつと考えてお話をしています」。そのため「いつか使うかも」と処分できないモノは、スペースが許す範囲なら保存もOK。「その言葉には活かす気持ちが垣間見えます。それがうまく活かせない場合、普段から活かすことが意識できていないか、保管システムが適切でないか」。原因を探りつつ、持っているだけのモノの活かし方を考えます。

 自宅セミナーでは「活かす収納」の工夫の数々に、毎回受講者の驚きの声が聞かれます。たとえば保存カテゴリーのネーミング。子どもの思い出の玩具は「いつかの孫ボックス」。頓挫した趣味の道具は「いつかのリタイアボックス」。適正量以上のモノも「二軍」として別保管しておくと、単身赴任などの絶好なタイミングで、活かせるチャンスが巡ってきますし、再び使うシーンをイメージしてカテゴリーを作ると、活かせる可能性が高まります。「いつか使う」が前提なら「活かす収納」というわけです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 客室乗務員、子育て、母の闘病…全ての経験が活かされています!

遠藤亜紀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

経験に基づいたアイデアで「暮らしやすい」をカタチにできます!

会社名 : 収納工房CozyStyle神戸
住所 : 兵庫県神戸市東灘区御影山手 [地図]
TEL : 080-5702-1900

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5702-1900

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
実家の片づけは「親の暮らしを守るため」にしないといけない、その理由
イメージ

 遺された家族のための片づけは本当に必要か 近年、「親の家の片づけ」がたびたび話題に上っています。T...

[ シニア世代の片づけ ]

片づけが苦手な家族にイライラしないために、自分ができる簡単なこと
イメージ

 他人を変えるのではなく、自分が変わる 「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」とは、精...

[ 片づけのコツ ]

実家の片づけは捨てるだけではない。親の暮らしを支えるそれ以外の方法
イメージ

「実家の片づけ」が巷で話題に上るようになってから、それまで気にならなかったのに、実家の状態に目がいってしま...

[ シニア世代の片づけ ]

老後の暮らしに向けての準備。住まいを整えることは不安解消の第一歩。
イメージ

 老後の準備。まずするべきは? 人は誰でも年を取り、老後を迎えます。それは分かっていても、早いうちから...

[ シニア世代の片づけ ]

もったいない世代の実家の片づけ。片づかないのは捨てさせるから?
イメージ

 もったいない世代の実家の片づけ モノの溢れる現代社会と、「もったいない」と生きてきた親世代。現実と価...

[ シニア世代の片づけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ