コラム一覧 :自然のちから

106件~120件(174件)

新しいの15件

過去の15件

< 下萌(したも)えを・・・ >

 < 下萌(したも)えを とび跳ねおしり かじり虫 >                        小枝 恵美子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 季語「下萌え(下萌)」は大地から草の芽が出ること、またはその芽を言いますね。 草萌え... 続きを読む

自然のちから

2013-03-17

< かかなべて・・・ >

 < かかなべて キャベツ玉巻く 春は老ゆ >                    石塚 友二(ともじ) 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 「かかなべて(かがなべて)は日数を重ねてという意味ですね。 「古事記」などに出る古い言葉です... 続きを読む

自然のちから

2013-03-10

< 一気咲き ・・・ >

 < 一気咲き ラナンキュラスは 十二輪 > この温かさで、一気咲きした鉢植えのラナンキュラスは総勢十二輪となりました。 花びらの真ん中は真っ白で花の縁が赤くなっています。 太陽の陽射しをたっぷりと浴びて縁の赤さが一際映えて至上の美しさを 誇っているかのようです。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-03-10

< 風光り・・・ >

 < 風光り 飴しゃぶりつつ 登校す > 風薫る本日の出勤時の光景です。 女子中学生が一人、大きなしゃぶり飴を口に入れ颯爽と登校していました。 今どきの花粉症なんでしょうか?それとも喉の炎症でしょうか? 視ていて少々心配になりました。 ・・・  続きを読む

自然のちから

2013-03-08

< いきいきと ・・・ >

 < いきいきと 三月生(うま)る 雲の奥 >                      飯田 龍太 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 雲のかなたで3月(春)が生まれている、という今日の句ですね。 私は、この句が楽しくて気に入っています... 続きを読む

自然のちから

2013-03-02

< 春霞(はるがすみ)・・・ >

 < 春霞(はるがすみ) オレンジ色の 水平線 > 本日、出勤途上の光景です。 山上から視る神戸の港は春霞がかかってどんよりとしています。 ただ水平線辺りだけがくっきりと朝日を浴びてオレンジ色に 輝いています。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-03-01

「二月のあかり」

 < 二月には/土の中にあかりがともる >   石垣りん 本日、「編集手帳」を読んでいますと、 「川端康成の「雪国」で駒子が島村に言う。「そうよ、これから、地吹雪が一晩中荒れる時に、  あんた一度、来てごらんなさい。来れないでしょう。雉(きじ)や兎(うさぎ)が、人家の  ... 続きを読む

自然のちから

2013-02-28

< ほぐれんとして・・・ >

 < ほぐれんとして傾ける物芽(ものめ)かな >                  中村 汀女(ていじょ) 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 木や草のいろんな芽を総称して季語では「物の芽」「物芽」と言います。 木と草に分けて「木の芽」... 続きを読む

自然のちから

2013-02-28

< 藁(わら)一本・・・ >

 < 藁(わら)一本 結び直して 牡丹(ぼたん)の芽 >                    小笠原 和男 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 牡丹の芽をわらで支柱に結んでやった、ということでしょうか。 愛知県碧南市に住む和男氏は1924... 続きを読む

自然のちから

2013-02-27

< 囀(さえずり)や ・・・ >

 < 囀(さえずり)や 二羽ゐるらしき 枝移り >                    水原 秋桜子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 小鳥のオスはメスの愛を得るためにさえずりますね。 その際、メスに気に入られた音を磨き、さえずりが... 続きを読む

自然のちから

2013-02-26

< 蝋梅(ろうばい)に・・・ >

 < 蝋梅(ろうばい)に 一つの希望 見つけをり > 今朝、総合運動公園で蝋梅が開花しているのを見つけることができました。 柔らかい淡い黄色の花にそっと顔を近づけてみますと、得も言えぬ芳香が 漂ってきました。 早速、春一番の報せをもらって一つの希望のようなものが見えてき... 続きを読む

自然のちから

2013-02-22

< 柊(ひいらぎ)に ・・・ >

 < 柊(ひいらぎ)に さへかへりたる 月夜かな >                       丈草(じょうそう) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 「冴える」とは、透きとおるような冷たさ。そこで「冴え返る」は 「静まり返る」と同様、あた... 続きを読む

自然のちから

2013-02-17

< 冴返(さえかえ)る・・・ >

 < 冴返(さえかえ)る 案内眺むる 人のゐて > 今日は、寒の戻りの日曜日。 三宮の街の看板の案内図を眺めている人たちがちらほらといます。 そういえば、私たちも夕方から親子で食事会、カラオケの約束を しています。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-02-17

< 枝に上着かけて・・・>

  < 枝に上着かけて二月の雲を呼ぶ >                 鎌倉 佐弓(さゆみ) 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 早くも2月の半ば、2月は逃げる月だといいますが、まさに逃げる感じで  たちまち日がたちますね。 さて、今日... 続きを読む

自然のちから

2013-02-15

< 水仙の・・・ >

 < 水仙の 莟(つぼみ)しままで 時を待つ > 自宅の庭の水仙は、過日莟がふっくらと膨らみ始めもうすぐ花をつけるかに 思えたのですが、やはり寒さのためでしょうか又堅く莟を閉ざしています。 2・3日前より隣りの乙女椿の可愛い丸い莟を二つ見つけました。 中がほんのりと赤く、... 続きを読む

自然のちから

2013-02-15

106件~120件(174件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
お客様の声

ふだん若い子と接していますが、意外としっかりしている感が持てました。高齢の先生もお元気で、まだまだこれからと思います。このような機会をありがとうございま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
カウンセリング恵(めぐみ)の岩石ひで子さん

38年間の教員経験を持つ心理カウンセラーが、次代を担う若い世代を支援(1/3)

 高速神戸駅の西口から歩いてすぐ、湊川神社近くにある「カウンセリング 恵(めぐみ)」で、心の声に耳を傾けるのは岩石ひで子さん。2009年に退職するまでの約38年間、公立学校の養護教員として多くの生徒に寄り添い続けた熟練の心理カウンセラーです...

岩石ひで子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

長年の教師体験と起業と県専門相談員とセミナー講師の体験と知見

会社名 : カウンセリング 恵(めぐみ)
住所 : 兵庫県神戸市中央区多聞通5-1-13 歩10番館501 [地図]
TEL : 078-362-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-362-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩石ひで子(いわいしひでこ)

カウンセリング 恵(めぐみ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

すべてを包みこんでくれるような明るい先生の笑顔

一番印象的なのは、すべてを包みこんでくれるような明るい先...

K・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(359

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
<ぶどう狩り・・・ >

< ぶどう狩り 台風一過の 果報かな >知人が9月18日(月)にカタシモ・ワイナリーのランチ会を計画してい...

[ 自然のちから ]

<新涼の・・・ >

< 新涼の 千両の実は 葡萄色 >今朝、庭に出てみますと、千両の実が成っていて葡萄色をしていました。冬...

[ 自然のちから ]

< 竜神の・・・ >

< 竜神の さんまのわら焼き 昼餉(ひるげ)かな >本日、昼食に竜神丸のさんまのわら焼きを戴きました。...

[ 自然のちから ]

<散歩道・・・ >

< 散歩道 森林浴に 揚羽蝶 >本日、公園の散歩道を歩いていますと、日陰に射しかかり森林浴をしているよう...

[ 自然のちから ]

<セミナーの・・・ >

< セミナーの 趣旨の共感 初秋かな >本日、9月30日のセミナーのワインの話をして戴くKさんと情報交換を...

[ 人間関係 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ