コラム一覧 :自然のちから

76件~90件(185件)

新しいの15件

過去の15件

< 紫陽花の ・・・ >

 < 紫陽花の ひょっこり顔出す 今朝の庭 > 今朝、庭に出てみますと、ピンクの紫陽花がひょっこり顔を出していました。 ピンクの紫陽花は、青い紫陽花とはまた趣が違って可愛いナと思いました。 続きを読む

自然のちから

2013-06-12

< 紫陽花の ・・・ >

 < 紫陽花の 青色くっきり 咲きにけり > 本日、道端に青色くっきりと紫陽花が咲いていました。 ああ、もうそんな季節なんだと改めて思いました。 続きを読む

自然のちから

2013-06-10

< わが庭に ・・・ >

 < わが庭に 二匹の蝶の 舞ひにけり > 今朝、庭に出てみますと、二匹の蝶が舞っていました。 どくだみの白い花の上を大振りの揚羽蝶(あげはちょう)が,紫ランの花 の上を小振りの蜆蝶(しじみちょう)が舞っていました。 続きを読む

自然のちから

2013-06-06

< 赤富士に ・・・ >

 < 赤富士に 露滂沱(ぼうだ)たる 四辺かな >                    富安 風生(ふうせい) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 「滂沱」とは涙がとめどなく流れ落ちることですね。 この句では露に使っていますね。 作者は赤... 続きを読む

自然のちから

2013-06-05

< 花樗(はなおうち) ・・・ >

 < 花樗(はなおうち) 霧吹く如き 盛りかな >                      西村 和子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 「花樗」は樗の花。樗は栴檀(せんだん)の古名ですね。栴檀はセンダン科の落葉 高木で高さ8メートル... 続きを読む

自然のちから

2013-06-05

< 赤富士の ・・・ >

 < 赤富士の 天に小鳥の 微塵(みじん)かな >                       上野 泰(やすし) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 赤富士は富士山が夏の朝日にあかあかと染まる現象ですね。 富士に配したのは、小鳥ですね。 ... 続きを読む

自然のちから

2013-06-04

< 青富士の ・・・ >

 < 青富士の 出没頻(しき)り 雲涼し >                     阿波野 青畝(せいほ) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 赤富士とは言いますが、青富士とはあまり言わないですね。 しかし、この言葉は雪の消えた真夏の富士... 続きを読む

自然のちから

2013-06-02

< するが野や ・・・ >

 < するが野や 大きな富士が 麦の上 >                    臼田 亜浪(あろう) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 富士山は四方八方どこからでも眺められますが、さすがに駿河の国で 仰ぐ富士は大きいですね。 この句、他... 続きを読む

自然のちから

2013-06-01

< ひと日臥し ・・・ >

 < ひと日臥し 卯の花腐(くだ)し 美しや >                   橋本 多佳子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 旧暦4月、すなわち卯月の卯の花の咲く頃、その卯の花を腐らせるかのように 降る雨を「卯の花腐し」と呼びま... 続きを読む

自然のちから

2013-05-29

< キッチンの ・・・ >

 < キッチンの 天窓にくる 緑雨かな >                  小西 雅子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 「緑雨」は近年になってよく使われている季語ですね。 青葉の時期の雨ですが、文字面や語感が明るく、とても快い雨とい... 続きを読む

自然のちから

2013-05-28

< 知らぬ間に ・・・ >

< 知らぬ間に 紫ランの花の 彩れり > 気がついてみると、わが庭にいつの間にか紫ランの花が咲いていて 緑の若葉一面の庭を美しく彩っていました。 続きを読む

自然のちから

2013-05-22

< 夏の夜は ・・・ >

 < 夏の夜は 明(あく)れどあかぬ まぶた哉(かな)>                          守武(もりたけ) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 夏の短夜はたちまち明けてしまいますね。 これが古典文学の常識だったようです。 ... 続きを読む

自然のちから

2013-05-17

< 青嵐 ・・・ >

< 青嵐神社があったので拝む >             池田 澄子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 季語「青嵐」は初夏の青葉を吹く強い風ですね。 青嵐に吹かれながら神社の前に来て、そこでちょっと拝んでいるようですね。 この句の風の... 続きを読む

自然のちから

2013-05-16

< かきつばた ・・・ >

 < かきつばた 天に向かひて 咲きにけり > 我が家の庭の柿の根っこにかきつばたの花が咲き乱れています。 いずれの花もまっすぐ天に向かって伸び、エネルギーを感じさせて くれます。 続きを読む

自然のちから

2013-05-14

< 青葉して ・・・ >

 < 青葉して 廊下書斎と いふところ >                    飯野 きよ子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 「廊下書斎」という作者の造語が面白いですね。 青葉が茂ったころ、その青葉に面した廊下の一隅で読んだり書い... 続きを読む

自然のちから

2013-05-10

76件~90件(185件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
お客様の声

ふだん若い子と接していますが、意外としっかりしている感が持てました。高齢の先生もお元気で、まだまだこれからと思います。このような機会をありがとうございま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
カウンセリング恵(めぐみ)の岩石ひで子さん

38年間の教員経験を持つ心理カウンセラーが、次代を担う若い世代を支援(1/3)

 高速神戸駅の西口から歩いてすぐ、湊川神社近くにある「カウンセリング 恵(めぐみ)」で、心の声に耳を傾けるのは岩石ひで子さん。2009年に退職するまでの約38年間、公立学校の養護教員として多くの生徒に寄り添い続けた熟練の心理カウンセラーです...

岩石ひで子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

長年の教師体験と起業と県専門相談員とセミナー講師の体験と知見

会社名 : カウンセリング 恵(めぐみ)
住所 : 兵庫県神戸市中央区多聞通5-1-13 歩10番館501 [地図]
TEL : 078-362-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-362-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩石ひで子(いわいしひでこ)

カウンセリング 恵(めぐみ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

すべてを包みこんでくれるような明るい先生の笑顔

一番印象的なのは、すべてを包みこんでくれるような明るい先...

K・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(388

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
<霜月の・・・ >

< 霜月の シニア起業の 取材かな >本日、シニア起業の取材がありました。昨日からズーッと幼少の頃から...

[ 心を紡ぐ ]

<石蕗(つわぶき)の・・・ >

< 石蕗(つわぶき)の 光浴びたる 輪のかたち >石蕗(つわぶき )の花が燦燦と光を浴びています。黄色...

[ 自然のちから ]

<黄の大輪・・・>

< 黄の大輪 神戸駅前の 冬薔薇(そうび) >久々に神戸駅前の広場を歩いていますと、黄色の大輪のバラが...

[ 自然のちから ]

<菊の香の・・・ >

< 菊の香の 微かに漂ふ 朝餉(あさげ)かな >過日、妹が初めて育てた菊の花が姪っ子より届きました。台...

[ 自然のちから ]

<朴訥と・・・ >

< 朴訥と 柵より顔出す 野菊かな >本日、公園を歩いていますと、白い野菊が素朴な表情で柵より顔を出して...

[ 心を紡ぐ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ