コラム一覧 :自然のちから

76件~90件(174件)

新しいの15件

過去の15件

< 夏の夜は ・・・ >

 < 夏の夜は 明(あく)れどあかぬ まぶた哉(かな)>                          守武(もりたけ) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 夏の短夜はたちまち明けてしまいますね。 これが古典文学の常識だったようです。 ... 続きを読む

自然のちから

2013-05-17

< 青嵐 ・・・ >

< 青嵐神社があったので拝む >             池田 澄子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 季語「青嵐」は初夏の青葉を吹く強い風ですね。 青嵐に吹かれながら神社の前に来て、そこでちょっと拝んでいるようですね。 この句の風の... 続きを読む

自然のちから

2013-05-16

< かきつばた ・・・ >

 < かきつばた 天に向かひて 咲きにけり > 我が家の庭の柿の根っこにかきつばたの花が咲き乱れています。 いずれの花もまっすぐ天に向かって伸び、エネルギーを感じさせて くれます。 続きを読む

自然のちから

2013-05-14

< 青葉して ・・・ >

 < 青葉して 廊下書斎と いふところ >                    飯野 きよ子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 「廊下書斎」という作者の造語が面白いですね。 青葉が茂ったころ、その青葉に面した廊下の一隅で読んだり書い... 続きを読む

自然のちから

2013-05-10

< タンポポの ・・・>

 < タンポポの 綿毛のつづく 野原かな > 過日、野原を歩いていました。 タンポポの黄色の可愛い花もちらほらと残っていますが、 綿毛のタンポポがずーっと続いていました。 一本折取ってふーっと吹いてみました。 続きを読む

自然のちから

2013-05-07

< さうぶ 懸(かけ)て ・・・ >

 < さうぶ懸(かけ)て みばやさつきの 風の色 >                        洒堂(しゃどう) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 青葉若葉に染まる五月の風。そこに菖蒲(しょうぶ)の葉をかけてみたいという句 ですね。 ... 続きを読む

自然のちから

2013-05-05

< 体育館 ・・・ >

 < 体育館 咲き乱れたる 薔薇(そうび)かな > 久々に体育館を通り抜けると、大輪のオールド・ローズが咲き乱れていました。 そっと近寄ってみると仄(ほの)かな香りが漂ってきました。 続きを読む

自然のちから

2013-05-04

< 不二ひとつ ・・・>

 < 不二ひとつ うづみのこして 若葉哉(かな) >                       与謝 蕪村 本日、「天声人語」を読んでいますと、 「親しみも神々しさも、あの形を抜きに富士山は語れない。世界に名峰は多いが,幼児が描いても  それと分かる山は珍しい。甲州辺り... 続きを読む

自然のちから

2013-05-02

< ほととぎす ・・・ >

 < ほととぎす 滝よりかみの わたりかな >                      丈草(じょうそう) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 滝よりも奥の山中でホトトギスが鳴いているという句ですね。 作者は滝のはるか下手にいて、その声を... 続きを読む

自然のちから

2013-05-02

< 駿河路や ・・・ >

 < 駿河路や 花橘(たちばな)も 茶の匂ひ >                      松尾 芭蕉 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 駿河路は茶どころ、そしてみかんどころ、両者の香りが混じり合って、それが いかにも駿河路にふさわし... 続きを読む

自然のちから

2013-05-02

< 生きものと ・・・ >

 < 生きものと 注意書(ちゅういがき)ある 新茶かな >                         香原 政春 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 今日の句は、生きものの新茶をゆっくりといただいているという句ですね。 今は新茶の... 続きを読む

自然のちから

2013-05-01

< 春雷や ・・・ >

 < 春雷や 音に飛び立つ 駅の鳩 > 過日、晴れていたのに急に春雷が鳴り始めました。 その音のけたたまさで駅にいた鳩がすべて飛び立って いきました。 続きを読む

自然のちから

2013-05-01

< 公園の ・・・ >

 < 公園の 明るくなりし うまごやし >                 河原 敬子 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 季語「うまごやし」は白詰草(しろつめぐさ)、クローバーのことですね。 牧草として知られますが、日本には江戸時代に... 続きを読む

自然のちから

2013-04-29

< 鶯の ・・・ >

 < 鶯の 初音聞きたる 春暮かな > 今朝、出勤時山中で鶯の初音を聴きました。 今年はまだ鶯の初音を聴いていないなあと 思っていた矢先のことでした。 続きを読む

自然のちから

2013-04-21

< 咲き初むる ・・・ >

 < 咲き初むる さつきに馳せる 思いかな > 辺りでは、ちらほらとさつきが咲き初めています。 あゝ、もうそのような季節が巡ってきたのかなと感慨深くなります。 幼少の頃の私の部屋の前の庭一面に咲いたさつきの花が彷彿として きました。  続きを読む

自然のちから

2013-04-18

76件~90件(174件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
お客様の声

ふだん若い子と接していますが、意外としっかりしている感が持てました。高齢の先生もお元気で、まだまだこれからと思います。このような機会をありがとうございま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
カウンセリング恵(めぐみ)の岩石ひで子さん

38年間の教員経験を持つ心理カウンセラーが、次代を担う若い世代を支援(1/3)

 高速神戸駅の西口から歩いてすぐ、湊川神社近くにある「カウンセリング 恵(めぐみ)」で、心の声に耳を傾けるのは岩石ひで子さん。2009年に退職するまでの約38年間、公立学校の養護教員として多くの生徒に寄り添い続けた熟練の心理カウンセラーです...

岩石ひで子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

長年の教師体験と起業と県専門相談員とセミナー講師の体験と知見

会社名 : カウンセリング 恵(めぐみ)
住所 : 兵庫県神戸市中央区多聞通5-1-13 歩10番館501 [地図]
TEL : 078-362-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-362-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩石ひで子(いわいしひでこ)

カウンセリング 恵(めぐみ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

先生は、僕を一人の人間としてとても大切にしてくれました。

 先生は、38年間の教員の実績があるので、当初から安心でき...

K・I
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(361

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
<ぶどう狩り・・・ >

< ぶどう狩り 台風一過の 果報かな >知人が9月18日(月)にカタシモ・ワイナリーのランチ会を計画してい...

[ 自然のちから ]

<新涼の・・・ >

< 新涼の 千両の実は 葡萄色 >今朝、庭に出てみますと、千両の実が成っていて葡萄色をしていました。冬...

[ 自然のちから ]

< 竜神の・・・ >

< 竜神の さんまのわら焼き 昼餉(ひるげ)かな >本日、昼食に竜神丸のさんまのわら焼きを戴きました。...

[ 自然のちから ]

<散歩道・・・ >

< 散歩道 森林浴に 揚羽蝶 >本日、公園の散歩道を歩いていますと、日陰に射しかかり森林浴をしているよう...

[ 自然のちから ]

<セミナーの・・・ >

< セミナーの 趣旨の共感 初秋かな >本日、9月30日のセミナーのワインの話をして戴くKさんと情報交換を...

[ 人間関係 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ