コラム一覧 :自然のちから

166件~180件(215件)

新しいの15件

過去の15件

< 冴返(さえかえ)る ・・・>

 < 冴返(さえかえ)る 満員電車に かぜ患者 > 今日は、今季一番の冷え込みとなりましたね。 出勤の満員電車のあちこちから咳き込む声が聞こえてきます。 早く温かい日が巡ってきますように。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-02-08

< 春寒(はるさむ)といふ・・・>

 < 春寒(はるさむ)といふほんたうに寒いもの >                     後藤 立夫(たつお) 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 立春以後の寒さを「冴え返る」「余寒」「春寒」などと季語では呼ぶようですね。 「冴え返る... 続きを読む

自然のちから

2013-02-06

< ・・・春隣 >

 < 連休の 眠りは覚めず 春隣 > 「春眠 暁を覚えず」と、言いたいところですが、 まだ暦の上だけの春ですね。 しかし、この連休中は春を想わせるポカポカ陽気となり、 ぐっすりと眠っていました。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-02-06

< ・・・ 冬霞 >

 < 山上の 神戸の港 冬霞 > 山上から眺める神戸の港は、冬霞がかかって見晴らしが悪く どんよりとしています。 今日から2月がスタートしましたね。 春がすぐそこまで来ているのを実感した今日の早朝の光景でした。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-02-01

< 四五頭の馬に・・・ >

 < 四五頭の 馬に晴れゆく 冬霞(がすみ) >                     林 亮(まこと) 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 馬は美しい動物のひとつですね。 彼らは走るという宿命によって機能的で美しい姿を獲得します。 その... 続きを読む

自然のちから

2013-01-31

< 日脚のぶ ・・・ >

 < 日脚のぶ 去りゆく日々に かかはらず >                   久保田 万太郎 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 たちまち日がたち、もう1月も末ですね。 でも、日は確実に長くなっており、春がすぐそこに近づいているよう... 続きを読む

自然のちから

2013-01-30

< 薄紅の ラナンキュラスに ・・・ >

 < 薄紅の ラナンキュラスに 日脚伸ぶ > 出勤前に、薄紅のラナンキュラスの鉢植えをそっと玄関前に出して 日差しを当ててやります。 日もいつの間にか長くなり、空も明るさを増してきました。 ラナンキュラスは七つ目の花をつけ、薄紅色の得もいえぬ優しさを 漂わせています。 ... 続きを読む

自然のちから

2013-01-30

< ・・・日脚伸ぶ >

 < ユニクロの 若草色へ 日脚伸ぶ >                  くぼ えみ 本日、新聞を読んでいますと、「季語刻々」のこの句が目に留まりました。 「日脚伸ぶ」という季語を実感する候になりましたね。 日脚とは昼間の時間、または太陽の日差しですね。 確実に昼間の... 続きを読む

自然のちから

2013-01-29

< 菜の花の・・・ >

 < 菜の花の 畑に咲くを 見つけをり > 先日、バスで移動していますと、畑に咲く菜の花を見つけることができました。 一足早い早春の報せに心が躍りました。 春は、もうすぐそこまで来ているんですね。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-01-26

< ひよどりの乗りたる・・・ >

 < ひよどりの 乗りたる氷 動きけり >                      伊藤 多恵子 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 ヒヨドリは元気な鳥ですね。 この句は、ばさっと氷の上に降り立ったものの、ぐらりと揺れ動いたのですね。 ひ... 続きを読む

自然のちから

2013-01-23

< 事故ありて・・・ >

 < 事故ありて 遅れし電車に 雪の舞ふ > JR神戸駅の人身事故で電車が40分遅れました。 駅のホームには、小雪が舞って凍てつくような待ち時間でした。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-01-18

< 水仙の・・・ >

 < 水仙の 莟(つぼみ)見つけし 朝かな > 早朝に庭に出てみますと、水仙の莟(つぼみ)を見つけることができました。 莟を見つけた嬉しさとともに、その姿をじっと見つめていますと、 堅く堅く莟を閉ざして厳寒に耐えている姿とが、 交錯して不思議な気持ちにはまっていきました... 続きを読む

自然のちから

2013-01-17

< 裸木の末木(うらき)に宿る・・・ >

 < 裸木の 末木(うらき)に宿る 光かな > 新年を迎えて、裸木の小枝がホウキのごとく天に向かって伸びています。 放射線状に伸びる末木(うらき)に新年の光が感じ取れます。 刻々と移り変わる自然のちからに見蕩れ、心が癒されていくのを感じます。 ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-01-16

< 水仙の・・・ >

 < 水仙の 時を待ちたる 葉の力 > 新年早々庭に出てみますと、 水仙の緑の葉が天に向かって伸び、生き生きと  輝きを見せていました。 この厳寒を耐え抜いて、もうすぐ芳しくて可憐な 花を咲かせるんですね。  ・・・ 続きを読む

自然のちから

2013-01-14

< 雪降らす・・・>

 < 雪降らす 天にも天の 事始 >            モーレンカンプ ふゆこ 本日、新聞を読んでいますと、「四季」のこの句が目に留まりました。 事始にはふたつあるようです。 ひとつは正月の準備始め。もうひとつは農作業の始め。 前者は暮れ。後者は春の季語ですね。 こ... 続きを読む

自然のちから

2013-01-12

166件~180件(215件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
お客様の声

ふだん若い子と接していますが、意外としっかりしている感が持てました。高齢の先生もお元気で、まだまだこれからと思います。このような機会をありがとうございま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
カウンセリング恵(めぐみ)の岩石ひで子さん

38年間の教員経験を持つ心理カウンセラーが、次代を担う若い世代を支援(1/3)

 高速神戸駅の西口から歩いてすぐ、湊川神社近くにある「カウンセリング 恵(めぐみ)」で、心の声に耳を傾けるのは岩石ひで子さん。2009年に退職するまでの約38年間、公立学校の養護教員として多くの生徒に寄り添い続けた熟練の心理カウンセラーです...

岩石ひで子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

長年の教師体験と起業と県専門相談員とセミナー講師の体験と知見

会社名 : カウンセリング 恵(めぐみ)
住所 : 兵庫県神戸市中央区多聞通5-1-13 歩10番館501 [地図]
TEL : 078-362-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-362-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩石ひで子(いわいしひでこ)

カウンセリング 恵(めぐみ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

すべてを包みこんでくれるような明るい先生の笑顔

一番印象的なのは、すべてを包みこんでくれるような明るい先...

K・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(507

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
<ホーホケキョ・・・>

<ホーホケキョ 朝明け聞こゆ 清涼剤>本日、朝一番に<ホーホケキョ・ホーホケキョ>と、鶯の美声がどこから...

[ 自然のちから ]

<真っ黒の・・・ >

< 真っ黒の スカート纏ふ 梅雨休み >数ヶ月前に、真っ黒のプリーツスカートを買っていました。三日前...

[ 心を紡ぐ ]

<長身の・・・ >

<長身の 赤、白、ももいろ 立ち葵 >本日、バスに乗っていますと、停留所辺りで赤・白・ももいろの長身の立...

[ 自然のちから ]

<新緑の・・・ >

< 新緑の 岩肌落下す 滝の音 >過日、恒例の三家族の旅行に行ってきました。南紀の気絶峡の滝は素晴らし...

[ 自然のちから ]

<救急車・・・>

< 救急車 フラッシュバックす 若葉かな >本日、事務所に向かって歩いていますと、サイレンの音とともに救...

[ 心を紡ぐ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ