コラム一覧

1件~15件(2,267件)

過去の15件

<われの庭・・・>

< われの庭 殿様バッタの 跳びにけり >今朝、庭に出てみますと、草むらから何ものかが跳びだしてきました。「何だろう?!」と、思って辺りを見てみますと、なんと「殿様バッタ」でした。「季節が少し早いのでは??」と思いつつ、見つめていました。 続きを読む

自然のちから

2018-04-26

<また電話・・・>

< また電話 下さいと言ひ 山笑ふ >人生の選択肢に迷ったとき、相談を持ちかけられる人生の師を持っていることは、宝でありほんとうに有り難いことだと、改めて感謝の念に耐えません。今までの人生で、いい師にたくさん出会わせていただき「本当に幸せ!!」の実感です。 続きを読む

心を紡ぐ

2018-04-25

<鯉幟(こいのぼり)・・・ >

< 鯉幟(こいのぼり) 風を孕(はら)みて 加勢かな >お隣の鯉幟をしばし、眺めていました。風が強いと鯉が、大きく泳ぎます。幼少の頃、実家の濠には数匹かの鯉がいて、大きく泳いでいたのが彷彿としてきました。 続きを読む

心を紡ぐ

2018-04-24

<紫の・・・ >

< 紫の ひょっこり顔出す 菖蒲(あやめ)かな >今朝、窓を空けていますと、隣のおうちの柵から4本の菖蒲が紫色の顔をひょっこり出していました。紫色がとても鮮やかで、「もう、こんな季節がきたのかなあ?!」と、時の巡りの早さを実感しました。 続きを読む

自然のちから

2018-04-23

<日野原氏・・・>

<日野原氏 最期のことば 穀雨かな >日野原重明先生の「生きていくあなたへ」の最期のメッセージ、おひとりで30分以上にわたりお話を続けられた、まるで一編の詩のようなその言葉を、なんども読み返し、涙が溢れ出て止まりませんでした。日野原先生といえば、私が37歳のとき、母の主... 続きを読む

心を紡ぐ

2018-04-21

<藤の花・・・ >

< 藤の花 思い出しけり レントゲン >本日、山道を車で移動していますと、藤の花が咲き初めていました。藤の花と云いますと、教師時代のレントゲン撮影の風物詩として思い出します。校庭の藤棚の下で、生徒たちと職員のレントゲン撮影をしていたことを・・・。退職間際には、確か、神... 続きを読む

仕事力

2018-04-19

<故弁護士の・・・ >

< 故弁護士の 人生訓や 山笑ふ >知人の弁護士の同僚であった故吉井先生の追悼集を読みました。病床で書かれた人生訓でした。久々の感動で心が洗われ、しゃっきと背筋が伸びるのを感じました。「・・・生を授けられ、これから将来に向かって、夢や希望を持つというより、死から逆に生... 続きを読む

心を紡ぐ

2018-04-17

< 甘酒を・・・ >

< 甘酒を 点滴代わりと 飲みにけり >本日、やっと懸案だった甘酒が購入の運びとなりました。佐賀在住の義父が昨年百歳の誕生日を迎え、甘酒を戴いていました。いつも、お世話をしてくれている義理の妹より、「甘酒は飲む点滴よ!」と聴かされ、大いに納得したものでした。やっと... 続きを読む

心を紡ぐ

2018-04-14

<一輪の・・・ >

< 一輪の 牡丹のごとき 薔薇(そうび)かな >昨日、牡丹のごときバラを見つけ、早速購入しました。事務所の一輪挿しに活けています。牡丹を彷彿とさせる大きなバラに大きなエネルギーを戴いています。 続きを読む

自然のちから

2018-04-13

<タンポポの・・・>と

< タンポポの 黄の色続く 散歩道 >公園を歩いていますと、黄色のタンポポがあちこちに咲いていました。散歩道をズーッと歩いていきますと、緑の草の中にタンポポが続いて咲いていました。 続きを読む

自然のちから

2018-04-12

<楠の葉の・・・ >

< 楠の葉の 千千(ちぢ)にたなびく 春の風 >本日、事務所の窓を空けてみますと、大きなクスノキの黄緑色の若葉が春の風に吹かれて千千(ちぢ)にたなびいています。 続きを読む

心を紡ぐ

2018-04-10

<伊勢づくし・・・ >

< 伊勢づくし うどんとあおさの 春うらら >伊勢のうどんとあおさとわかめがとっても気にいっています。うどんは、手打ちうどんでとっても太くて腰があります。伊勢づくしは、夫婦水いらずでにっこり笑顔で戴いています。 続きを読む

心を紡ぐ

2018-04-09

<紅かなめ・・・ >

< 紅かなめ 紅色いきいき 街路かな >あちこちの街路で紅かなめが紅色の葉っぱをつけています。緑色の葉っぱの上を覆うように紅色の葉っぱをつけ、太陽の光を燦燦と浴びています。 続きを読む

自然のちから

2018-04-08

<山つつじ・・・ >

< 山つつじ やさしさ秘めて 凜と咲く >夫が山つつじを知人から戴いてきました。早速、花瓶に活けているのですが、雌しべが突出していて得もいえぬ美しさを醸し出しています。山中で見つけるつつじの花は、はっとするほどにやさしさを秘め、凛と咲いています。 続きを読む

自然のちから

2018-04-06

<朧月・・・ >

< 朧月 車で追ひつつ 帰路につく >車で帰る途上、目の前に満月の朧月がかかっていました。隣りの夫に、車窓の前の朧月のことを話しかけながら帰路に着きました。 続きを読む

自然のちから

2018-04-04

1件~15件(2,267件)

過去の15件

RSS
お客様の声

ふだん若い子と接していますが、意外としっかりしている感が持てました。高齢の先生もお元気で、まだまだこれからと思います。このような機会をありがとうございま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
カウンセリング恵(めぐみ)の岩石ひで子さん

38年間の教員経験を持つ心理カウンセラーが、次代を担う若い世代を支援(1/3)

 高速神戸駅の西口から歩いてすぐ、湊川神社近くにある「カウンセリング 恵(めぐみ)」で、心の声に耳を傾けるのは岩石ひで子さん。2009年に退職するまでの約38年間、公立学校の養護教員として多くの生徒に寄り添い続けた熟練の心理カウンセラーです...

岩石ひで子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

長年の教師体験と起業と県専門相談員とセミナー講師の体験と知見

会社名 : カウンセリング 恵(めぐみ)
住所 : 兵庫県神戸市中央区多聞通5-1-13 歩10番館501 [地図]
TEL : 078-362-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-362-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩石ひで子(いわいしひでこ)

カウンセリング 恵(めぐみ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

先生は、僕を一人の人間としてとても大切にしてくれました。

 先生は、38年間の教員の実績があるので、当初から安心でき...

K・I
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(478

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
<われの庭・・・>

< われの庭 殿様バッタの 跳びにけり >今朝、庭に出てみますと、草むらから何ものかが跳びだしてきました...

[ 自然のちから ]

<また電話・・・>

< また電話 下さいと言ひ 山笑ふ >人生の選択肢に迷ったとき、相談を持ちかけられる人生の師を持っている...

[ 心を紡ぐ ]

<鯉幟(こいのぼり)・・・ >

< 鯉幟(こいのぼり) 風を孕(はら)みて 加勢かな >お隣の鯉幟をしばし、眺めていました。風が強いと...

[ 心を紡ぐ ]

<紫の・・・ >

< 紫の ひょっこり顔出す 菖蒲(あやめ)かな >今朝、窓を空けていますと、隣のおうちの柵から4本の菖...

[ 自然のちから ]

<日野原氏・・・>

<日野原氏 最期のことば 穀雨かな >日野原重明先生の「生きていくあなたへ」の最期のメッセージ、おひとり...

[ 心を紡ぐ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ