コラム一覧

1件~15件(38件)

過去の15件

断熱の効果を光熱費で見られたら・・・?!

イメージ

 やはり気になる費用対効果! お金をかけるからには、実際の効果を知りたい、ですよね?お客様に断熱リフォームをお勧めする時には、事前にシミュレーションをさせていただきます。シミュレーションはあくまも想定に基づく模擬的な計算なので実際にはどう?と言われれば、「暮らし... 続きを読む

リフォームを考える

2015-10-29

どっちがエコ? 楽しく省エネ比較

イメージ

 「えecoと、どっち?」(ええこと、どっち?ですって) 省エネのお話をするときに、「まずはお宅のエネルギー消費が多いのか少ないのか、それとも標準的なのかを把握しましょう」とお伝えし、過去1年分の電気やガスの使用量をお聞きします。丁寧に記録されている方、“使用量のお... 続きを読む

日々省エネ

2015-01-29

床下断熱は、寒さ対策の効果大!です

イメージ

先日、お風呂の改修をさせていただいたお宅には床下に何も断熱材が入っていませんでした。また、床下から室内や間仕切り壁に通じる隙間がたくさんあって、さぞ冬場は寒かろうという状況でした。木造住宅に多いのは、床下断熱です。その場合、基礎に通気口があって、床下は外気とほぼ同じ... 続きを読む

リフォームを考える

2014-10-30

パッシブデザイン その要素4は通風利用

イメージ

 通風(自然な風通し)に対する配慮がされていること 自然のエネルギーを利用する、などと硬く考えなくても、心地よい風通しが住まいにもたらしてくれる快適性能は周知のことで、古くから日本の住まい方に取り入れられ、工夫がされてきたことですね。現代の密集する市街地や騒音、粉じんの... 続きを読む

パッシブデザインとは?

2014-04-18

長期優良住宅化リフォームに補助金、見逃せません!

 補助金は最大100万円です! 中古住宅流通や既存住宅の長期優良化リフォームなど、新築からストック重視へと国の住宅政策が変わってきた結果、今年(2014年2月に)始まった補助金の制度です。本気で中古住宅をリフォームして長く安心して住まうことを考える建築主に対して、1戸あたり100万円... 続きを読む

リフォームを考える

2014-03-08

パッシブデザインとは その要素3は冬の太陽熱利用です

イメージ

 暖かな太陽の恵みを活かす工夫が考慮されていること 冬でも、南の窓際で“ひなったぼっこ”すれば、その心地良さに外の寒さを忘れますよね?!太陽の熱は本当にありがたいものです。その熱を昼間のあいだにたっぷり取り入れることができれば、室温を20度以上に上げることが可能です。(第一... 続きを読む

パッシブデザインとは?

2014-02-25

エネルギーのお話を聞いていただきました

イメージ

冬にしては比較的暖かい午後となったこの日、それでも薪ストーブを少し焚きながら、エネルギーのお話をさせていただきました。"エネルギー"という言葉から堅いお話と敬遠されてしまうかもしれませんが実は日々の生活にとても身近なお話です。私からの話のあと、参加いただいたご夫婦のご主人... 続きを読む

日々省エネ

2014-02-11

マンションでできる断熱の工夫

イメージ

 マンション(集合住宅)でできる断熱の工夫のお話です マンションなどでは所有、賃貸にかかわらず、工事するには制限がありますね。窓のサッシや玄関ドアの取替えはできませんし、外壁を触ることもできません。大規模改修を機にサッシを断熱性能の良いものに取り替える例もありますが、費用... 続きを読む

日々省エネ

2014-01-22

パッシブデザインとは何か その要素2は夏の日射遮蔽です

イメージ

 夏の日射遮蔽(暑い日差しを遮ること)が考慮されていること 夏はとにかく太陽熱を室内に取り込んでしまわないことが重要です。一度室内を暑くしてしまうと、熱は室内の床・壁・天井・家具に至るまで、さまざまな所に蓄熱されてしまいます。この熱を排出させるのが難しく、夜になって外気温... 続きを読む

パッシブデザインとは?

2014-01-12

薪ストーブを体験していただきました<イベント報告です>

イメージ

 ストーブライフの楽しみ 11月のイベントでは、まだ“寒い!”という程の気温ではなかったのですが薪ストーブの中で焼いた焼き芋や焼きリンゴを味わっていただいたりのんびり森の景色を見ながらカフェ気分を楽しんでいただきました。今回のイベントは「神戸文化祭」という今年始まった企画... 続きを読む

暮らしを楽しむ

2013-12-27

パッシブデザインとは何か その要素1は断熱です

イメージ

 断熱がしっかりされていること 「断熱がしっかり」という言葉には、様々な要素が含まれます。シンプルに表現すれば、「床・壁・天井(または屋根)に充分な断熱材が隙間なく入れられていて、窓は枠もガラスも熱が逃げにくい性能を確保しているものを使い、気密性が保たれている」状態である... 続きを読む

パッシブデザインとは?

2013-12-17

パッシブデザインとは何か その基本編です

イメージ

 パッシブデザインとは何か・・・ まずは基本のお話をしましょう。この言葉をWEBや辞書で調べると「建築の設計手法の一つ。特別な機械装置を使わずに,建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し,快適な室内環境をつくりだす手法。」と書かれているのをご覧になった方も... 続きを読む

パッシブデザインとは?

2013-12-16

「電気のスイッチ」の失敗

イメージ

 「電気のスイッチ」は難しい・・・ 照明のスイッチ、換気扇のスイッチ、床暖房のスイッチ、給湯器のリモコン、エアコンのリモコン、etc...住まいの中には、なんと沢山のスイッチがあるのでしょう!これらの使い勝手を考えて、系統に分け、位置や高さを決め、お客様に確認するのですが新... 続きを読む

2013-11-27

健康のために、サプリメントより断熱を!

イメージ

 交通事故より多い浴室内死亡者数! 寒い時期、ヒートショックが心配、というお話を以前書かせていただきました。今や交通事故死より多くなっているのです。(「断熱リフォーム」してみませんか?)健康のために、と運動をしたりサプリメントを飲んだり、気づいたら結構お金を使っているこ... 続きを読む

リフォームを考える

2013-11-24

オイルヒーター・・・困りました(;_;)

イメージ

 オイルヒーター、使いますか? この頃、オイルヒーターのCMをよく見るようになりました。心配です・・・。困りました・・・。実は私も10年ほど前から2年間ほど使っていましたが、その後はオクラ入り。2年前に処分しました。乾燥しないし、安全だし、スイッチひとつでタイマー運転もできる... 続きを読む

日々省エネ

2013-11-18

1件~15件(38件)

過去の15件

RSS
「森のアトリエ」公開中
イメージ

森に囲まれた事務所兼自宅はいつでもご覧いただけます。(事前にご予約ください)木造2階建て。自然の力を活かして、省エネルギーに配慮した実験的な住まいです。

 
このプロの紹介記事
アトリエ空一級建築士事務所の澤木久美子さん

無理せず、快適に過ごせる「省エネルギーな住まい」を提案(1/3)

 人と環境に優しい家づくりを目指す「アトリエ空(くう)一級建築士事務所」。代表の澤木久美子さんは、女性ならではのしなやかな感性を生かした建築設計を行っています。 「一人の建築士として、また子を持つ一人の母として、地球のことや、そこで生きて...

澤木久美子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

事務所名 : アトリエ空一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区住吉山手6-8-30 [地図]
TEL : 078-858-5670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-858-5670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

澤木久美子(さわきくみこ)

アトリエ空一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
床下断熱は、寒さ対策の効果大!です
イメージ

先日、お風呂の改修をさせていただいたお宅には床下に何も断熱材が入っていませんでした。また、床下から室内...

[ リフォームを考える ]

パッシブデザインとは何か その基本編です
イメージ

 パッシブデザインとは何か・・・ まずは基本のお話をしましょう。この言葉をWEBや辞書で調べると「建築の設...

[ パッシブデザインとは? ]

断熱の効果を光熱費で見られたら・・・?!
イメージ

 やはり気になる費用対効果! お金をかけるからには、実際の効果を知りたい、ですよね?お客様に断熱リフ...

[ リフォームを考える ]

どっちがエコ? 楽しく省エネ比較
イメージ

 「えecoと、どっち?」(ええこと、どっち?ですって) 省エネのお話をするときに、「まずはお宅のエネル...

[ 日々省エネ ]

パッシブデザイン その要素4は通風利用
イメージ

 通風(自然な風通し)に対する配慮がされていること 自然のエネルギーを利用する、などと硬く考えなくても、...

[ パッシブデザインとは? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ