コラム

 公開日: 2017-04-02 

空き家のままの実家を放置するリスク

放置された「空き家」は多くのリスクを生みます。そのリスクへの対処として作られたのが「空き家対策特別措置法」です。

空き家の管理が適切に行われていない場合、所有者に対して改善命令などが実施され、それでも改善されない場合は行政代執行が行われます。

空き家を放置するリスク

放置された空き家に、どのようなリスクがあるのかを見てみましょう。

(1)防災上のリスク
人が住んでいない家は老朽化が早いと言われています。老朽化し倒れやすくなっている空き家はそれだけで危険ですが、地震・台風などの災害時に倒壊し避難路をふさぐことになれば、防災上の大きな問題です。

また空き家には放火による火災の心配があります。誰も住んでいない空き家が火元となる火事は後を絶ちません。無人である空き家は、出火の発見が遅れ、近隣の住宅を巻き込んだ大火災になるおそれがあります。周辺住民にとって大きな不安です。

(2)防犯上のリスク
不審者の不法侵入を招く、不良集団の溜り場になる、犯罪組織の拠点に使われるなど、防犯上のリスクがあります。これもまた周辺住民に大きな不安を与えるものです。

こんな理論があります。車をわざと1週間放置する。何事も起きません。フロントガラスを割って、また放置する。するとすぐさま部品が盗まれ始める。

「窓割れ理論(ブロークン・ウインドウズ)」という理論ですが、「窓が割れたままになっている」→「管理されていない」→「監視もされていないだろう」→「盗んでも誰にも文句は言われない」→「犯罪を犯す」という犯罪者の犯行に至る心理を解明した理論です。

空き家は、管理されていない、監視されていないということから、犯罪を誘発する懸念があるのです。上にあげた放火についても同様の心理がうかがえるでしょう。

(3)景観・衛生上のリスク
庭の雑草が生い茂り、植栽が伸び放題になる。放置された空き家には周囲の景観を乱す景観上のリスクがあります。

また、空き家に犬や猫が住み着き、その糞尿によって衛生状態が悪化するなど衛生上のリスクも指摘されています。悪臭も周辺住民にとっては耐え難いものでしょう。

それだけではなく、空き家は不法投棄の格好の場所と目されるおそれもあります。空き家に一度、粗大ごみなどが投棄されると、次の不法投棄を呼び、また次の不法投棄を呼び、いつの間にか空き家が大量のごみで埋まるというケースも少なくありません。生ごみも平気で捨てられるようになり、悪臭、不衛生の原因になることもあります。

空き家対策特別措置法とは

平成27年(2015年)、神奈川県横須賀市が近隣住民から倒壊の不安を指摘されていた空き家を行政代執行で取り壊しました。これが「空き家対策特別措置法」に基づく最初の行政代執行です。
「空き家対策特別措置法」は、放置されたままの空き家の多くが、防災、衛生、景観等で地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしている現状に対処するために作られた法律です。

「空き家対策特別措置法」の要は、この法律によって、登記だけでは特定できなかった空き家の所有者を、固定資産税の納税記録を使って市町村が特定できるようになったことです。

こうして空き家の所在と所有者を把握したうえで、市町村は空き家を調査し、対策を要する空き家を選別します。そして、倒壊など著しく保安上危険となるおそれのある状態、著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理がなされず著しく景観を損なっている状態の家を「特定空き家」とし、段階を踏んで必要な措置を講じます。

措置は「①改善への助言と指導」→改善がなければ「②勧告」→それでも改善が見られなければ「③改善命令」という段階を踏みます。そして「命令」の猶予期限を過ぎても改善されない場合、「④行政代執行」となります。

空き家対策として注目されるリノベーション

「空き家対策特別措置法」は、周辺住民の生活環境に深刻な影響を与える空き家の改善を目的とするとともに、空き家の有効活用を促進する、という目的を持っています。そこで注目されるのが「リノベーション」です。空き家であってもまだ十分に使えるのであれば、リノベーションを施し、新たな使い方をしていこうというものです。

古民家をリノベーションすることで地域振興につなげようとする自治体もあれば、使われなくなった一般の住宅にリノベーションを施し、地域のコミュニティースペースとして使用している自治体もあります。

リノベーションは私どもアートランドが早くから手がけ、また、自信を持っている分野です。
私どもは中古住宅にリノベーションを施して生まれ変わらせ、多くの方々に提供してきました。私たちがリノベーションを行った家は「まったく新しい家に生まれ変わった家」という意味で「リフレッシュ住宅」と呼んでいます。

空き家もリノベーションによって、まったく新しい家に生まれ変わり、新しい住人を迎え入れ、家本来の姿を取り戻すことができます。

空き家をお持ちで、その処理に悩んでいらっしゃるのであれば、ぜひ、私どもにご相談下さい。

この記事を書いたプロ

株式会社アートランド [ホームページ]

不動産コンサルタント 武本尚

兵庫県姫路市南今宿8番9号 [地図]
TEL:079-295-0185

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
不動産の売却なら
イメージ

こんなお悩みでお困りでしたら・・・ ◆不動産を相続したが、不要なので売却したい ◆住宅を買ったが、住宅ローンが支払えない ◆引っ越しでもとの家は空家になっ...

 
このプロの紹介記事
武本尚 たけもとたかし

新築のように快適な再生住宅を“家賃以下”の低価格で販売(1/3)

 兵庫県西部と岡山県東部で中古住宅をリフォームした「リフレッシュ住宅」の販売に力を注いでいるのが、姫路市の不動産会社「アートランド」社長、武本尚さん。水回りや床、壁などをリフォームし、新築のように快適な物件でありながら、「近隣の家賃以下で買...

武本尚プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

中古住宅を新築のようにリフォームし、家賃以下の低価格で販売

会社名 : 株式会社アートランド
住所 : 兵庫県姫路市南今宿8番9号 [地図]
TEL : 079-295-0185

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-295-0185

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
空き家の老朽化がもたらすリスク!古くなる前に対策を

空き家に関するお悩みで最も多いのが老朽化の問題です。特に、所有者が遠方に住んでいる場合は、思うように管...

[ 空き家 ]

空き家にも防犯対策が必要!侵入経路は「窓から」

実家が空き家になってしまうと、防犯面の心配も出てきます。家には、空き巣などが侵入しやすい場所というのがあり...

[ 空き家 ]

空き家のメンテナンス方法と流れ

住む人がいなくなったとしても、住まいは大事な財産であることに変わりはありません。資産価値や安全性、快適...

[ 空き家 ]

空き家のカビ対策は定期的な換気がポイント!

日本は湿気の多い国ですので、 普通に生活していてもカビ対策は必要です。これが空き家となると、家を閉め切ること...

[ 空き家 ]

空き家解体にかかる費用と補助金制度

老朽化した空き家が全国に増えて問題になっています。しかし、「解体費用が捻出できない」「建物がなくなると...

[ 空き家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ