コラム

 公開日: 2017-03-27 

ローン滞納から競売までに金融機関から届く通知

住宅ローンを滞納すると、金融機関から支払いを求める通知が届きます。それでもなおローンの支払いが滞ると、最終的には「競売」の通知が届くことになります。

金融機関からの通知

(1)住宅ローンを1~2ヵ月滞納すると、金融機関から「督促状」が届きます。
滞納しているローンの金額が明記され、「〇月〇日」までに支払うよう求められます。

(2)それでも滞納を続けると「催告書」が届きます。
文面は厳しいものになり、指定された期日までに滞納分を支払わなければ、「期限の利益喪失」となることが記載されます。

「期限の利益喪失」とは、もう分割払いができなくなる、という意味です。分割払いができない
ということは、ローンの残りを全額一括で支払わなければならないことになります。
また、「期日までに支払いがない場合、保証会社に代位弁済を求める」ということも明記され 
ます。

住宅ローンを結ぶ際は保証会社と保証委託契約を結ぶことになっています。「代位弁済」とは、この保証会社がローンの未払い分を全額、債務者に代わって金融機関に支払うというものです。

代位弁済をした保証会社は立て替えたお金、そして、滞納による遅延損害金なども含めて一括返済を求め、それに応じなければ競売の手続きを進めることになります。

(3)住宅ローンの滞納が3~6ヵ月になると、「期限の利益喪失通知」が届きます。もう分割で支払う権利がなくなったわけですから、住宅ローンを一括で返済しなければなりません。

(4)「期限の利益喪失通知」から間をおかず、数日中に「代位弁済通知書」が届きます。
住宅ローンの残りを金融機関に保証会社が一括で支払ったことの通知です。
代位弁済が行われたことで債権は金融機関から保証会社に移ることになり、保証会社から、立て替えたお金を全額一括で返済するよう求められます。

住宅ローンの未払い分、滞納時の遅延損害金なども含めての一括返済です。そして、一括返済がなされない場合、保証会社は競売の手続きに入ります。

(5)保証会社による競売の手続きが済むと、裁判所から「競売開始決定通知」が届きます。
債務者の家を「競売にかけます」という通知です。この通知がくるのと同時に登記簿には差押登記がされますので、自分で家を自由に売ることはできなくなります。

競売の流れについて

次に「競売」がどのように進められるかを見てみましょう。

(1)物件の調査
競売開始の決定が出されると、1~3ヵ月以内に物件の現況調査が行われます。
裁判所から派遣された執行官(裁判所の職員です)、鑑定人(不動産鑑定士の資格を持ったプロの鑑定士です)が訪れ、家の状態を調べます。そして、「評価書」「現況調査報告書」を作成し、裁判所がこの2つをもとに売却基準価額を決定します。

(2)入札期間を知らせる通知が届きます。
通知には、〇年〇月〇日~〇年□月□日までを入札期間とし、〇年△月△日を開札期日にすること、その場所、売却決定期日などが記されています。
そして、入札期日の2週間前にまでに、物件に関する情報がインターネットなどに公開されます。

(3)入札開始
入札の仕組みはインターネットのオークションと同じです。物件を買いたい人が希望価格を提示し、その中で最も高い値をつけた人が落札者となります。落札者を「買受人」と言います。

(4)所有権の移転
落札者(買受人)が決まったあと、裁判所の認可が下り、落札者(買受人)が代金の支払いを済ませると、物件の所有権は落札者(買受人)に移ります。もう家は落札者(買受人)のものですから、すみやかに明け渡す必要があります。

明け渡しを拒んでも、落札者(買受人)は法律にもとづいて、強制的に立ち退かせることができます。

競売を避けるための任意売却

さて、競売によって家を売られ家も明け渡した、これですべて終了、となるわけではありません。
競売によってもなおローンの未払い分がある場合、その支払いを求められます。しかも、一括による全額返済です。

競売に至る経緯を考えれば、多くの方がこの請求に応えることは難しいでしょう。多くの場合、債務の整理のために自己破産を選択せざるを得ないことになります。

そうなる前にぜひ考えたいのが「任意売却」です。
「競売」による家の売却価格は市場価格の5~6割程度です。「任意売却」の場合、家を市場価格に近い値で売却できます。「競売」にくらべローンの残債をずっと少なくすることができるわけです。

また「競売」は法による強制ですが、「任意売却」は債権者である金融機関との話し合いで事が進みます。

そして、この話し合いによって、ローンの未払い分(残債)の月々の返済額を低くしてもらう、場合によっては残債そのものを減額してもらえるなど多くのメリットがあるのです。

「競売」も「任意売却」も家を売るという点は同じですが、売却後が大きく違うのです。
「競売」を避け「任意売却」することをおすすめします。

この記事を書いたプロ

株式会社アートランド [ホームページ]

不動産コンサルタント 武本尚

兵庫県姫路市南今宿8番9号 [地図]
TEL:079-295-0185

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
不動産の売却なら
イメージ

こんなお悩みでお困りでしたら・・・ ◆不動産を相続したが、不要なので売却したい ◆住宅を買ったが、住宅ローンが支払えない ◆引っ越しでもとの家は空家になっ...

 
このプロの紹介記事
武本尚 たけもとたかし

新築のように快適な再生住宅を“家賃以下”の低価格で販売(1/3)

 兵庫県西部と岡山県東部で中古住宅をリフォームした「リフレッシュ住宅」の販売に力を注いでいるのが、姫路市の不動産会社「アートランド」社長、武本尚さん。水回りや床、壁などをリフォームし、新築のように快適な物件でありながら、「近隣の家賃以下で買...

武本尚プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

中古住宅を新築のようにリフォームし、家賃以下の低価格で販売

会社名 : 株式会社アートランド
住所 : 兵庫県姫路市南今宿8番9号 [地図]
TEL : 079-295-0185

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-295-0185

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
空き家の老朽化がもたらすリスク!古くなる前に対策を

空き家に関するお悩みで最も多いのが老朽化の問題です。特に、所有者が遠方に住んでいる場合は、思うように管...

[ 空き家 ]

空き家にも防犯対策が必要!侵入経路は「窓から」

実家が空き家になってしまうと、防犯面の心配も出てきます。家には、空き巣などが侵入しやすい場所というのがあり...

[ 空き家 ]

空き家のメンテナンス方法と流れ

住む人がいなくなったとしても、住まいは大事な財産であることに変わりはありません。資産価値や安全性、快適...

[ 空き家 ]

空き家のカビ対策は定期的な換気がポイント!

日本は湿気の多い国ですので、 普通に生活していてもカビ対策は必要です。これが空き家となると、家を閉め切ること...

[ 空き家 ]

空き家解体にかかる費用と補助金制度

老朽化した空き家が全国に増えて問題になっています。しかし、「解体費用が捻出できない」「建物がなくなると...

[ 空き家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ