コラム

 公開日: 2015-12-28 

リノベーション済み中古住宅で狙い目の築年数は?

中古物件の購入にあたって、多くの方が「本当にしっかりした住宅なのか?」と不安を持たれるようです。その際の判断基準に「耐震性」があります。中古住宅の耐震基準のポイントは1981年以降に建てられた建物かどうか。詳細についてお話しいたします。

1981年以降の建物かどうか

中古住宅の購入にあたって、よく指摘されるのが、その物件が1981年以降の建物かどうか、ということです。理由は、1981年に建築基準法が改正され、耐震性について高い基準が求められるようになったからです。新耐震基準とも言われます。

新耐震基準による建物は、1995年の阪神・淡路大震災においても被害が少なかったとされており、その耐震基準がおおむね妥当であると考えられています。

建築基準法は、阪神・淡路大震災の後の2000年、2004年の新潟中越地震後の2005年にも改正され、その後も大地震が起こる度に改正され現在に至っています。

狙い目の年

木造戸建て住宅の場合、1981年と2000年の建築基準法改正時に、基礎、壁の量、筋交い、壁の配置バランスなど「住宅の耐震性」が大幅にアップされる内容が盛り込まれています。

木造戸建ての中古物件の狙い目の年は、1981年以降、2000年以降と言っていいでしょう。

ただ、1981年以降の物件ならなんでも安心とは言えません。というのも、新耐震基準が施行されたのは、1981年の6月1日です。1981年の物件でも「何月に建ったものか」ということをチェックする必要があります。

狙い目の築年数

日本の住宅は新築時が最も価値が高く、人が住むと「中古住宅」とされ、20年~25年でその価値が限りなくゼロになる査定手法がとられています。

注目したいのは、中古住宅の「価格下落率」です。価格下落率は、新築から10年目くらいまでが最も大きく、その後は比較的なだらかになります。ある程度、価格下落がおさまって、築年数もそれほど経っていない、築10年超程度の中古住宅は狙い目と言っていいでしょう。

しかし、私ども「アートランド」のリノベーション済み住宅は、中古物件の内外装・設備等を厳しい自社基準でチェックし、物件の特性を活かしたリノベーションを施しています。

その際、築年数を考慮するのはもちろんですが、耐震性等においてしっかりした住宅であること、そのうえでリノベーションによって新築と変わらない住宅性能にすることに重点を置いています。
ぜひ私どもがご案内する物件をご覧いただきたいとおもいます。

この記事を書いたプロ

株式会社アートランド [ホームページ]

不動産コンサルタント 武本尚

兵庫県姫路市南今宿8番9号 [地図]
TEL:079-295-0185

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
不動産の売却なら
イメージ

こんなお悩みでお困りでしたら・・・ ◆不動産を相続したが、不要なので売却したい ◆住宅を買ったが、住宅ローンが支払えない ◆引っ越しでもとの家は空家になっ...

 
このプロの紹介記事
武本尚 たけもとたかし

新築のように快適な再生住宅を“家賃以下”の低価格で販売(1/3)

 兵庫県西部と岡山県東部で中古住宅をリフォームした「リフレッシュ住宅」の販売に力を注いでいるのが、姫路市の不動産会社「アートランド」社長、武本尚さん。水回りや床、壁などをリフォームし、新築のように快適な物件でありながら、「近隣の家賃以下で買...

武本尚プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

中古住宅を新築のようにリフォームし、家賃以下の低価格で販売

会社名 : 株式会社アートランド
住所 : 兵庫県姫路市南今宿8番9号 [地図]
TEL : 079-295-0185

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-295-0185

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
空き家の活用方法は「貸す・使う・売る」の3パターン

現在、日本の住宅のうち約820万戸が空き家だと言われています(2013年度総務省調査)。これは全体の13.5%...

[ 空き家 ]

空き家のままの実家を放置するリスク

放置された「空き家」は多くのリスクを生みます。そのリスクへの対処として作られたのが「空き家対策特別措置法」...

[ 空き家の売却 ]

相続した空き家を売却するメリットデメリット

家を相続したものの、そこに住むことはできず、空き家になっている。その処理をどうすればいいか、現在の「空き家...

[ 空き家の売却 ]

住宅ローンが残ったままの離婚で注意すべきこと

離婚に際してはさまざまな問題を処理しなければなりませんが、住宅ローンが残っている家をどうするかも大きな問題...

[ 任意売却 ]

ローン滞納から競売までに金融機関から届く通知

住宅ローンを滞納すると、金融機関から支払いを求める通知が届きます。それでもなおローンの支払いが滞ると、最終...

[ 任意売却 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ